フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の9件の記事

2009年7月30日 (木)

18歳成年と養育費

法制審議会部会が民法の成年を18歳とする答申をまとめたと聞いて、正直、驚いている。
選挙権年齢引き下げ問題と民法の成年には何の関係もないはずだし、
民法における成年の意味と構造がよくわかっている学識者が、
そろって18歳成年で一致するはずがないと思っていた。
せいぜい両論併記になるものと勝手に想像していた。

憲法改正手続法に関連して、
成年年齢の議論が起きて以来、
ずっと気になっていたのが、
離婚に伴う子どもに対する養育費の支払のことだ。
民法の成年が20歳から18歳に改正されたら、
何歳まで養育費を払うべきという実務になるのか。

養育費は未成熟子に対する親の監護の問題である。
だから、当該の子が未成熟である限り、
親には支払義務があると考えるのが道理である。
したがって、本来、成人年齢とは論理的には何の関係もない。

しかし、裁判実務は20歳までで切る例が圧倒的だ。
20歳には論理的な根拠はない。
また、20歳には、子どもの経済的自立との関係でもほとんど意味がない。
当事者が、歩み寄る気配を見せないから、
裁判所は力業で強引に民法を使って線を引いているだけだ。

したがって、18歳を成年と定義すれば、
当事者間の際限のない争いを
強引にねじ伏せる目安は今度は18歳になるしかないだろう。
20歳には全く根拠がなくなる。
18歳以外を取るべき合理的な理由はそうは簡単には思いつかない。

ある夫婦の子は満22歳の3月まで(大学卒業)とするのは、
実態には合うように見えて、
他方で、18歳までしか養育費を受けられない子を前提にしている。
理念的に考えると
それはそれで差別的で気持ちが悪い。

したがって、裁判所は、一律の目安がほしくなる。
目安を決めるのは力業だ。
20歳に根拠がなくなれば、
18歳にする以外に方法がないように思う。

重箱の隅をつつくようなことを言っているが、
これは、どうしてもずっと気になっている論点なのだ。

いったい、どうなるのだろう。

つい先日は、人の死(人の生命)が、強引に決められた。
今度は、「おとな」を強引に決めるのだという。

僕は、何かついていけない気分である。

2009年7月13日 (月)

最高裁裁判官国民審査で竹内行夫氏にバッテンを打つ理由

最高裁は、憲法の番人として国の憲法違反の行為について、厳しく監視し、これを糺す役割を負っています。

政府(麻生内閣)は、名古屋高裁が、「政府の解釈に立ったとしても、イラクにおける航空自衛隊の活動に憲法9条1項に違反する活動が含まれる」とした違憲判決後、まもなく竹内行夫氏を最高裁判事に任命しました。

  • 竹内行夫氏は、イラク戦争開戦から自衛隊のイラク派兵の間、外務官僚のトップ(外務事務次官)として、いち早くイラク戦争支持を打ち出し、自衛隊のイラク派兵への筋道を付けた責任者です。
  • イラク戦争に反対したレバノン大使天木直人さんを「クビ」にしたのも竹内氏です。
  • イラク人質事件が発生したとき、自己責任論を流布した政府筋の中心にいたのも竹内氏です。

名古屋高裁の違憲判決後まもなく政府が竹内氏を最高裁判事に任命したことは、高裁以下の下級審の裁判官に対して、今後、憲法9条に関しては、一切ものは言わせないと宣言したに等しいおこないです。

実際に国民審査で竹内氏を罷免することはむつかしいかもしれません。

しかし、国民審査で×印の投票割合が高ければ、

竹内氏の最高裁での影響力を低下させることは十分に可能です。

2009年7月11日 (土)

アライグマ その後

我が家のアライグマ騒動のその後。

床下通風口の閉鎖は成功した。
今度こそ、ブロックを敷き詰めて、ガチガチに固めた。
さすがのアライグマも、これはどけることができなかった。

当然、アライグマの外出中を狙って閉鎖した。
敵の生活パターンはわかっている、…つもりだった。
ところが、いないと思って床下を閉鎖したのに、中にいたらしい。
したがって、これが、いっそう事態を悪化させる結果になった。

繰り返すことでもないが、
離婚後の行き場に困って手に入れた我が家は築45年のボロ家である。
違法増築部分がある。
建坪率違反を承知の上で、増設したユニットバスの北側に、
さらに物置を違法増築してある(断っておくが、僕がやったのではない)。
これが、あり合わせの材料を使ったために、
外壁にビニールのトタンが使われている。

アライグマが目を付けたのは、ここだった。
床下から物置の床上に上がり、
ビニールトタンを破って出入り口を作ってしまった。

アライグマは、ネコのように顔さえ通る隙間があれば、通ってしまう。
ネコより頭がよく、カラス並みに「考える」。
力は強いし、両手を使うから、器用である。
外来種で繁殖する種は、どれもたくましいのだ。

床上に出入り口ができたのだから、
人間界と紙一重までアライグマに浸食されたことになる。
ユニットバスと、ドア一枚隔てた隣がアライグマ界になった。
いくらペットとして輸入して捨てた人間が悪いと反省しても、
さすがに、これは気分が悪い。

最初は小さかったビニールトタンの裂け目も
通る度に日に日に大きくなった。

さすがに困った。
そこで、床下通気口を譲り渡して開放し、
こちらを出入りしてもらうことにして、
トタンの方は張り替えることにした。

業者に依頼して、トタンを張り替えたのである。

2009年7月 9日 (木)

待つのも仕事

昨日は、午後7時過ぎまで裁判所の建物にいた。
午後3時30分に始まった調停が、何と4時間近くかかった。

何とか今日中に調停を成立させようという関係者の熱意のたまものである。

調停期日の時間は長く見て2時間としたものである。

だから、僕は、午後6時には事務所で相談の予定を入れていた。
相談者の方には、長引きそうだと感じた5時40分頃に連絡をして、無理を言って、キャンセルをお願いすることとなった。
そのときでも、まさか午後7時を回るとは考えていなかった。

この件は、決裂の可能性を孕みながら、1年以上かかった。

まとめていただいたのは、裁判所の関係者の熱意のおかげである。

当事者の人生にとっては、調停の決着は、一つの段階に過ぎない。

けれど、それでも区切りをつけるということは大切な一歩だ。

過程の中で繰り返した僕の失礼な言動をお詫びするとともに、関係者に感謝したい。


調停は、交互に当事者を調停室に呼び、

調停委員が、それぞれから事情や主張・希望を聴取しながら、話し合いの成立に向けて努力してくれる。

片方が呼ばれて調停室にいる間、もう片方は、控え室で待っている。

その繰り返しである。

したがって、1回表、1回裏、2回表、2回裏と数えることができる。

今回は、3回の表・裏が終わったのがほぼ5時30分過ぎだったと思う。

その後が長かった。

調停委員が、最終的な調停条項の詰めのために裁判官と打ち合わせに入ってから大方1時間近くかかっていたようだ。

何せ調停条項が多い。

その後、裁判官・書記官・調停委員・両当事者・両代理人がそろい、調停条項の内容を確認をする。

全てが終わったのが午後7時過ぎであった。

先方が調停室に入っていれば、当方は、待つ。

調停委員が裁判官との打ち合わせに入れば、待つ。

「ただ待っている」という時間が長いのも弁護士の仕事の特徴である。


で、お帰りは、裁判所職員のお見送り付きである。

通常の出入り口はとっくに閉められているので、
地階にある夜間出入り口から庁舎を出る。

職員の方が、夜間出入り口まで案内してくださった。

僕は地裁の本庁舎以外にも地階に時間外出入り口があることを初めて知った。

職員の方の案内を受けた、ちょっとした裁判所内の探検ツアーである。

職員や裁判官は残業が常態化しているけれど、
当事者本人が7時過ぎまで居残るということは、
おそらく、しょっちゅうあることではないだろう。
この庁舎ができて20年近く経つが、少なくとも僕には初めての体験である。

大方、待ち疲れた気分だった。

が、調停の終了にあわせて待機していていただいていた裁判所職員の方の親切な対応で、少し疲れも癒された。

僕は、こと民事や家事に関する限り、裁判所は(弁護士が就いている事案については)一般に思われているよりは、親切な役所だと思っている。

少なくとも親切な役所だと信じている方が、仕事がしやすいことは確実である。

2009年7月 8日 (水)

平和のための最高裁裁判官国民審査

Takeuchib1

「Live in Peace.jp」のHPが、
今度の衆議院選挙と同時に行われる最高裁裁判官の国民審査で、
竹内行夫氏に×を付けるようにとの呼びかけています。

2009年7月 7日 (火)

深緑の緑地 続

緑地の夕日。

Ts3i0114

緑地の駐車場脇には、ストレッチの支えにするのに、ちょうどよい木が立っている。

木の根が二股に分かれているので、両手で寄りかかるのにちょうどよいのである。

Haha1_3

僕は、「母の木」と呼んでいる。

「なんだか濡れているみたいだ」などと、品のないことを言わぬように。

拡大すると以下のとおり。

Haha1_5

Haha1_6

気がついたら、隣にも二股の木があった。僕は「妹の木」と呼ぶことにした。

Ts3i0152_2

お口直しに結局、花の写真。

この花の名前は、さすがに僕でもわかる、ような気がする。

多分、紫陽花。(^^ゞ

Ts3i0133_2

深緑の緑地

週末ジョグの定番コースの緑地は、今、深緑の季節である。
今回は、5月下旬から6月にかけての緑地の様子。

Ts3i0085

Ts3i0093


090620

相変わらず、花も多様です。

Ts3i0065

Ts3i0070


Ts3i0139

で、僕は花の名前がぜ~ん、ぜ~ん、わからない。

ただ、きれいだと見とれている。



2009年7月 5日 (日)

「北朝鮮ミサイル7発発射」 田母神論文ご紹介

ブログの間隔が3日、空いた。

プリウスのように充電しながら走行できるハイブリッド車もあれば、
充電時間を確保しないと走行できない電気自動車もある。

で、僕の場合、後者のタイプだ(好きなタイプはプリウスだけど(^^ゞ)
したがって、充電期間と放電期間が交互に訪れる。
今は、どちらかと言うと、充電期間に入っているようである。


さて、昨日(7月4日)、北朝鮮がミサイル7発を発射したと報じられている。

その内2発(ないしそれ以上)は、日本を射程に入れる「ノドン」であると報じられている。

4月5日、北朝鮮が太平洋へ長距離「ミサイル」(国際社会は単に「発射」と呼んでいる)を発射したときの騒ぎは、僕を不安にするに十分だった。

「発射」が不安なのではなく、その騒ぎようが不安をかき立てた。

恐怖や不安に怯えて、冷静さを欠くと、人は理性的判断ができなくなる。

おれおれ詐欺にひっかかる心理と同じだ。

そのことが僕を不安に陥れた。

だから、このとき、僕は、さるメーリングリストにこう書いている。

飛翔体落下で死ぬ確率より
宝くじ当選で人生を狂わせるリスクの方が、よほど高い。

    外を歩いていて交通事故死するリスクはもっと高いし、
    自殺リスクははるかに高い

そう投稿したら、イラク訴訟の弁護団事務局長K弁護士から、僕の言っていることは、あの田母神さんと同じだよと、褒めてもらった。

エライもんだ。このクラスの訴訟の弁護団事務局長ともなると、自衛隊の機関誌すら定期購読されておられる。

K君は、ただ生意気な若手弁護士かと思っていたが、たゆまぬ研鑽に努め、造詣も深いのである。

出典は、航空自衛隊機関誌「鵬友」平成16年7月号だ。

田母神氏は、ここで、「危険の確率を考える」と題して、こう論じている。

「 核ミサイルでない限りミサイルの脅威もたかが知れている。

通常はミサイル1発が運んでくる弾薬量は戦闘機1機に搭載できる弾薬量の10分の1以下である。

1発がどの程度の破壊力を持つのか。航空自衛隊が毎年実施する爆弾破裂実験によれば、地面に激突したミサイルは直径10メートル余、深さ2~3メート ルの穴を造るだけである。

だからミサイルが建物の外で爆発しても鉄筋コンクリートの建物の中にいれば死ぬことはまず無いと思って良い。

1991年の湾岸戦 争でイラクがイスラエルのテルアビヴに対し41発のスカッドミサイルを発射したが、死亡したのはわずかに2名のみであった。

北朝鮮が保有しているミサイル を全て我が国に向けて発射しても、諸々の条件を考慮すれば、日本人が命を落とす確率は、国内で殺人事件により命を落とす確率よりも低いと思う。我が国では 毎年1千200~1千400名の人が殺人事件の犠牲になっている。1日当たり3~4人がテロにより殺害されていることになる。しかし多くの日本人は、日本 は平和で治安の良い国だと思っている。テロの恐怖におののきながら生きているわけではない。しかし北朝鮮のミサイルについては怖いと思っている。ミサイル が着弾すると東京中が火の海になるようなイメージを持っているからだ。決してそんなことはないのであるが。

 交通事故に目を向けてみれば、我が国では毎年、交通事故で8千名から1万名くらいの人が死亡する。事故発生から24時間以内に死亡する人を交 通事故による死亡者というのだそうだ。毎日20名から30名の人が亡くなっている。事故発生からの時間を1か月に伸ばすと交通事故が元で亡くなる人はその 2倍にも3倍にもなると聞いている。

それでも交通事故が怖くて道路を通らない人もいないし、車の運転を諦める人もいない。これだけの死亡者がいるにも拘わらず国民には不安感はない。しかし北朝鮮のミサイルは怖い。だが冷静に考えてみれば北朝鮮のミサイル攻撃により命を落とす確率は交通事故の100分の1以 下だと思う。

だから北朝鮮のミサイルなんかに恐れおののくことはないのだ。いかなる国家政策も100%の安全を保障することは出来ない。交通事故以下の危 険の確率についてはそれほど心配してもしょうがない。これを私は「タモちゃんの交通事故理論」と呼んでいる。」

要するに

ミサイルで死亡する確率は、殺人事件や交通事故以下であり、
北朝鮮のミサイルなどは恐れるに足りない、
交通事故以下の危険性などは、自衛隊が任務とする安全保障の範囲外だ

との主張が田母神さんのご主張だ。

僕は、日本の核武装を主張する田母神氏とは、真逆の立場である。
しかし、危険の確率を問題にする、この主張には、全く賛成である。
憲法如何を問わず、武力による対応がぎりぎりで迫られる最後の手段であることは、田母神氏のおっしゃるとおりである。

これまでのところ、今回のミサイル発射については、メディアは比較的冷静な取り上げ方に見える。
僕が一番恐れているのは、メディアが過剰に国民の不安や恐怖を煽り、その結果、国家の政策を誤ることだ。
たとえ、日本を飛び越えるミサイルであっても、
あるいは、日本本土を照準にしたミサイル発射であったとしても、
過剰に恐れる必要は何もないのだ。

今の内に「ミサイル=怖い」という偏見をなくしておくべきだろう。

政府やメディアはいつでも、過剰に国民の不安や恐怖をかき立てることができるのだから、偏見をなくしておくことこそが「備えあれば憂いなし」であろう。

4月のときのような浮き足だった騒ぎは、二度としてはならない。

安心するためには、かの田母神氏の主張ほど心強く説得的な主張はないと思う。
ご紹介させていただく次第である。

ところで、数字の引用がいい加減なところと言い、
主張が情緒的なところと言い、
僕は、ひそかに自分は田母神氏に似ていると思っている。
まねができないのは、彼独特の、すぐれたユーモアだ。

なお、田母神氏の「危険の確率を考える」の全文は15年戦争資料@wikiでご覧いただけます。

2009年7月 1日 (水)

その人のこと

その人の抱える負い目は、あまりに重く、優しく、豊かだった。
だから、僕はいっとき、言葉を失った。
言葉を失った後に無理にはき出す言葉は、ありきたりの常識話になった。

少し後悔している。
僕に助言を求めたのは、その人の中で、決着をつけたかったからだったのではないか、と。
明快に断じてあげればよかったのかもしれない、と。
あなたは、もう十分に負い目を償ったのではないですか、と。

しかし、また、思い返してみる。
僕などに人の人生に関わる助言ができるなどと思うのは、所詮、思い上がりでしかない、と。

全てはありのままの流れに任せるしかないはずなのだ、と。

人の抱えられる悩みと苦しみに、あれとこれとを比較できるような物差しはない。
人の抱える悩みや苦しみの全ては等しい。
なぜなら、それがどれほど重いものであろうが、人は、抱えられる苦しみと悩みの限度でしか、抱えることができないからだ。

僕は、また、思う。
その人は、ご自身で選択されるだろう。
きっと自ら途を見い出すに違いない。

無駄に見えるときが、いたずらに過ぎていったとしても、
悔やむことは何もないし、
断ち切ることは、いつでもできるだろう。
いつ、どこで持ちきれない苦しみが負い目に釣り合うようになり、
負い目を断ち切るのか。
その過程を生きること自体が人生なのだ。

適切な対応ができたとは思えない、
その人に、気持ちを寄せること。
今の僕にできるのは、そんなことでしかあり得ない。
実存の問題に向き合うとき、
僕は粛とする。

帰り際、もっと楽しいことでお会いしたい、とその人は微笑まれた。
ありがとう。
そう、僕も、楽しく再会できることを願っている。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30