フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 【情報提供】サラ金個人信用情報の開示請求先のお引っ越し | トップページ | 「北朝鮮ミサイル7発発射」 田母神論文ご紹介 »

2009年7月 1日 (水)

その人のこと

その人の抱える負い目は、あまりに重く、優しく、豊かだった。
だから、僕はいっとき、言葉を失った。
言葉を失った後に無理にはき出す言葉は、ありきたりの常識話になった。

少し後悔している。
僕に助言を求めたのは、その人の中で、決着をつけたかったからだったのではないか、と。
明快に断じてあげればよかったのかもしれない、と。
あなたは、もう十分に負い目を償ったのではないですか、と。

しかし、また、思い返してみる。
僕などに人の人生に関わる助言ができるなどと思うのは、所詮、思い上がりでしかない、と。

全てはありのままの流れに任せるしかないはずなのだ、と。

人の抱えられる悩みと苦しみに、あれとこれとを比較できるような物差しはない。
人の抱える悩みや苦しみの全ては等しい。
なぜなら、それがどれほど重いものであろうが、人は、抱えられる苦しみと悩みの限度でしか、抱えることができないからだ。

僕は、また、思う。
その人は、ご自身で選択されるだろう。
きっと自ら途を見い出すに違いない。

無駄に見えるときが、いたずらに過ぎていったとしても、
悔やむことは何もないし、
断ち切ることは、いつでもできるだろう。
いつ、どこで持ちきれない苦しみが負い目に釣り合うようになり、
負い目を断ち切るのか。
その過程を生きること自体が人生なのだ。

適切な対応ができたとは思えない、
その人に、気持ちを寄せること。
今の僕にできるのは、そんなことでしかあり得ない。
実存の問題に向き合うとき、
僕は粛とする。

帰り際、もっと楽しいことでお会いしたい、とその人は微笑まれた。
ありがとう。
そう、僕も、楽しく再会できることを願っている。

« 【情報提供】サラ金個人信用情報の開示請求先のお引っ越し | トップページ | 「北朝鮮ミサイル7発発射」 田母神論文ご紹介 »

相談」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/45511390

この記事へのトラックバック一覧です: その人のこと:

« 【情報提供】サラ金個人信用情報の開示請求先のお引っ越し | トップページ | 「北朝鮮ミサイル7発発射」 田母神論文ご紹介 »