フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 知らなかった!(汗) 検察審査会の目的 | トップページ | 自己破産の現場から見る市民の生活-経済成長しても困窮する一般市民 »

2010年9月12日 (日)

検察かばう裁判所 厚労省村木元局長無罪判決とマチベン

 厚労省村木元局長裁判で、特捜部の捜査の杜撰さに対する批判とともに検察捜査の劣化が指摘されている。

 まちべんは、このような大事件には縁遠いが、久しぶりに国選をいくつか経験して、検察官の取り調べに劣化があるとしたら、裁判所にも責任の一端があると思うこともないではない。
 むしろ裁判所が検察をかばい続けてきた果てが、検察の捜査能力の低下を招いているといってもよいかもしれない。

 たとえば、被告人の検察官に対する調書での供述内容に明らかな矛盾点がある。体験者が語るとしたら、決してそのような供述にはなり得ないような内容があるとする。
 それは、警察官に対する供述内容とも食い違っている。むしろ警察官に対する供述内容の方が自然であり、法廷で被告人証言も警察官に対する供述内容と同じだったとする。
 そんなケースで、裁判官は、法廷での被告人の供述は信用できないとする。理由は、供述の変遷があるからだという。

 弁護士の立場からは、被告人の供述調書は、警察にしろ検察にしろ、捜査機関によるストーリーと理解しているから、検察官調書の矛盾は、捜査機関による作文によって生じた破綻だと考える。
 ところが、裁判官は、検察官無垢説に立って、供述が食い違い、かつそれ自体として矛盾が生じるとしても、それは被告人が供述を作為しているからだと考える。
 両者の見方は水と油で、交わることがない。

 結局において、裁判官の見立てが真実だったとしよう。
 それでも、話は、それだけでは終わらない。
 警察官に加えて、検察官が、改めて調書を作成するのは、警察の捜査に誤りはないかチェックし、誤りを是正することに最低限の意味があるはずだ。
 ところが、検察官は警察の調書と食い違うことを自覚すらせずに供述調書を作成しているのだ。

 検察の初歩的な職務怠慢である。
 そして、裁判所は、検察の怠慢をかばう。
 検察官の調書は事実と異なるとして、争う被告人の法廷での主張を排斥して、検察官の調書が基本的には正しいと断定する。
 ここには明らかに検察官をかばう裁判官の姿勢がある。
 これは、特殊なことではなく、日常的な姿である。
 裁判所が検察を甘やかしているのである。
 裁判官が、ミスをかばってくれるのであるあから、検察の捜査が劣化するのも、必然である。

 村木元局長事件は、検察だけに検証と自省を求めるものではない。検察をここまで劣化させた裁判所も自省するべきである。

 

« 知らなかった!(汗) 検察審査会の目的 | トップページ | 自己破産の現場から見る市民の生活-経済成長しても困窮する一般市民 »

マチベンのスタイル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/49422805

この記事へのトラックバック一覧です: 検察かばう裁判所 厚労省村木元局長無罪判決とマチベン:

« 知らなかった!(汗) 検察審査会の目的 | トップページ | 自己破産の現場から見る市民の生活-経済成長しても困窮する一般市民 »