フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 検察審査会 応答 | トップページ | いわゆるサヨクの法学者の方々へ »

2010年11月21日 (日)

(再掲)尖閣ビデオを全て公開せよ

柳田法相は辞任を拒否、尖閣問題につき、さらに踏み込んだ答弁をするよう刑事局長に指示したとされる。
もとより柳田法相の軽率発言など仙谷官房長官の裁判干渉・違憲発言に比べれば大した問題ではない。
問題は尖閣事件の真実である。
政府が7分編集ミニビデオの密室上映会の企画を決めた10月31日のブログを再掲する。
―――――――――
慣れない携帯から書いているので、舌足らず、ご容赦。
尖閣7分ビデオ視聴に反対する。
日弁連は被疑者取り調べの全面録画を求めている。
一部録画では検察に都合のよい部分だけを録画して開示するに決まっているからだ。
同じことは尖閣ビデオでも言える。日弁連はなぜ意見を出さない?
尖閣ビデオは全面公開すべきだ。
それでこそ、わが国が、かの国とは違う民主主義の国であることを示す絶好のチャンスだ。
ビデオは血税で撮られた国民共有財産だ。
是非、尖閣ビデオの全面公開を求めよう。
全ては事実から始まる。
国の行く末を左右しかねない問題であれば尚更である。
事実をうやむやにすることは、必ず将来に禍根を残す。
――(引用終わり)――
ネットにビデオを流出させたとする保安官の供述は変遷して一貫せず、物証も出ていない。保安官はヒーロー気取りだが、何らかの身代わりと見るのが相当だろう。
そもそもネットに流されたビデオは海保の研修のため40分に編集されたものだとされる。
それでは意味がない。
ビデオは複数の船舶から撮影され延べ10時間以上に上るという。「流出分」を含めてもほとんどは、いまだに未公開である。いまだに公にされない部分に何が隠されているか、国民の意見は激しく分裂しており、国民的共通認識の形成は不可能である。
領土問題の類はすぐれて近代国民国家的課題であり、基礎事実を秘匿すれば、国民国家に分裂を来しかねない重大問題を引き起こす。
真相の隠蔽が重大な禍根を残したことは洋の東西を問わず数多の歴史が示すところだ。
10時間以上にわたる全ビデオと、GPSによる各船舶の位置情報・通信内容をネットに公開し、国民的な検討に供せよ。
柳田法相が法律に無知でかつ国民軽視の姿勢を反省したというのであれば、仙谷の反対を押し切ってでも『知る権利』という法にのっとった毅然たる対応をせよ!
柳田法相には、その責任がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追伸(22日)

22日朝、柳田法相が辞意を示したと報じられているが、彼の辞任は大した問題ではない。仙谷違憲発言が放置されていることの方が遙かに深刻だ。

問題は近代国民国家の基盤に関わる情報の全面公開であり、柳田は尖閣問題について刑事局長へより踏み込んだ答弁をするように指示したする責任を次期法相を通じて果たさせるように務めよ。それが辞める者の責任である。

併せて、近代国民国家の基盤に関わる事項をこれ以上、機密事項としないことは、民主党のマニフェストによる誓約の範囲に入っていることを改めて仙谷らに知らせるべきである。

« 検察審査会 応答 | トップページ | いわゆるサヨクの法学者の方々へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

仙石官房長官は【自衛隊は暴力装置】発言で謝罪などしてはいけませんでした(世界中何処にいっても軍隊及び警察は暴力装置です。普通に学校でもそう教えております。防衛大学では、そう教えていないのでしょうか?)寧ろ、小沢一郎氏が法的な対抗措置として、行政訴訟を行ったことに対する【行政訴訟に馴染まない云々】発言こそ、まさに、問題発言であり、謝罪撤回すべきでしょう。更には、民主党の代表選のさなか、及び北海道での衆院補選直前で、最高裁が鈴木宗男氏の訴えを突然に退けた判断をくだした、【あのタイミング】も、司法が政治に介入した極めて問題ある対応だったと思います。尖閣ビデオ問題については私は眉唾でみております。いろんな思惑で動きがあるように感じております。組織の不正に気が付いた者が組織の不正を告発することを、勇気ある告発と言います。それは、組織防衛上の強い力に断罪され、仲間からも時には疎まれ、必ずしも世間も味方にはなりません。検察の裏金を告発しようとした、元大阪高検公安部長の三井さんが、良い例です。世間は三井さんの勇気ある告発について、三井さんの告発に耳を貸し、三井さんを英雄として誉め称えましたか?三井さんがその後にどんな酷い仕打をうけたことか。だから世間や仲間からの反応は普通は【馬鹿だなぁ】なんですよ。これが現実です。冷凍食品の表示の偽装について告発した会社はその後にどうなったのかを考えればわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/50091818

この記事へのトラックバック一覧です: (再掲)尖閣ビデオを全て公開せよ:

» 「尖閣衝突ビデオ」中国漁船故意の衝突確認 [SCRAMBLE-8]
「中国漁船がやはり故意に衝突」 尖閣衝突ビデオ、衆院予算委で視聴政府が衆院に提出した尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を海上保安庁が撮影したビデオ映像が1日午前、国会内で衆参両院の予算委員会理事ら30人に公開された。政府・与党は日中関係への悪影響を避けたいと…... [続きを読む]

» 写真点描・スイート十勝 11 [つき指の読書日記by大月清司]
 このシリーズ、これが最終回になります。残念ですか、名残惜しいですか。しっかり1から見直していただけると、公開冥利(笑)につきますね。 札幌の花物語よりはインパクト、弱... [続きを読む]

» 再録紀行 15 [つき指の読書日記by大月清司]
ダメな議論 良書を守る、それが電子書籍への流れを加速するならば、わたしは諸手を挙げて歓迎する。活字はそういう形で生き残る、それもまた時の流れかもしれない。     本の... [続きを読む]

» 再録紀行 19 [つき指の読書日記by大月清司]
「権力社会」中国と「文化社会」日本価格:693円(税込、送料無料) 前回も書いたように、対米国、大陸の北京政府に関する読書、国際関係、国際政治に、購入の際に手が伸びてしまう... [続きを読む]

« 検察審査会 応答 | トップページ | いわゆるサヨクの法学者の方々へ »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31