フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« アライグマ出没 その後2 | トップページ | 寝起きの妄想 保安官身代わり説から田中眞紀子総理まで »

2010年11月13日 (土)

小沢一郎さん裁判書面公開して

マチベンである。宮崎学氏の子分を僭称する親分は不在だ。
昨日の朝日新聞が小沢氏の第1回口頭弁論の期日指定がされたと報じている。

朝日の記事は行政法的に間違いだらけである。ロースクール生がこんな答案を書いたら、一発再試である。
朝日は

・起訴議決は無効だとして、議決の取り消しを求めた行政訴訟…

と書いているが、起訴議決の無効を主張するなら、取り消しではなく、無効確認を求める行政訴訟となるし、取り消しを求めるなら、理由は起訴議決の無効ではなく起訴議決の違法になる。
同じく朝日は

・起訴議決の効力を停止するよう求める仮処分も申し立てたが…

と報じているが、仮処分は民事上の概念なので誤り。正しくは、執行停止、せいぜい効力停止と書くのが正しい。

朝日は裁判所への取材で期日指定がされたことを知り、民事法的な感覚で記事を書いたのだろう。

小沢氏の弁護団に取材したかどうかは不明だが、少なくとも弁護団から積極的にレクチャーしたりしていないことは確実である。弁護団がレクチャーしていればいくらなんでも、このような初歩的な誤りは起きるはずかない。

弁護団は相変わらず覆面集団で、積極的にこの裁判の重要さを訴えていこうとする姿勢は見えない。
裁判所はこの裁判が真剣に争っている事件なのか疑問を持つだろう。
裁判所はそういうところには敏感だ。
お義理の訴訟には、おざなりな判決しか書かない。当事者に熱意が感じられない事件に裁判所が熱を入れる理由はない。

僕は親分ほど小沢氏に肩入れする気はないが、せっかく世紀の裁判が見られる筈が、これでは台無しである。裁判の結論は今後の先例として一人歩きするから、一般国民はいい迷惑である。

それにしても記事を見て、ますます裁判の内容がわからなくなった。
記事だと起訴議決の効力の停止も求めているとのことだが、提訴時の記事にはそのような記載は見つからなかった。だから僕の親分もそのことを気にかけていた。訳が分からない。

もっと庶民的で負け筋の事件でも熱心に取り組む弁護団に早急に入れ替えて、裁判の全書面をネットで明らかにしてもらいたいものだ。
そうでもしないと、行政訴訟は下手をすると1回結審という悲惨な結果も招きかねない。
他人事ながら気にかかる。

追伸 たかが平凡なマチベンが扱う事件でも、これは大事な事件だと思ったら、積極的に司法記者クラブに出かけてレクチャーする。

小沢氏の事件は、最初は冷たくあしらわれるかもしれないけれど、粘り強く親切にレクを続ければ、必ず信頼関係のできる記者ができるようになる。

そんな当たり前の努力をするには、きっと、小沢弁護団は大御所すぎるのだろうな、残念だ。

« アライグマ出没 その後2 | トップページ | 寝起きの妄想 保安官身代わり説から田中眞紀子総理まで »

司法改革」カテゴリの記事

検察審査会・司法の独立」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/50014994

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎さん裁判書面公開して:

» 小沢氏、理由書を最高裁に提出/熱の感じられない小沢氏弁護団 [来栖宥子★午後のアダージォ]
「街の弁護士日記SINCE1992」小沢一郎さん裁判書面公開して=転載 [続きを読む]

« アライグマ出没 その後2 | トップページ | 寝起きの妄想 保安官身代わり説から田中眞紀子総理まで »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30