フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 「相談は無料ですか」 | トップページ | 震災被害相談虎の巻 »

2011年3月28日 (月)

圧力容器損傷

ついに、圧力容器の損傷という、あってはならない事態が判明しました。

「専門家」の方々があれほど「頑丈で壊れない」と言っていた圧力容器が、「底に穴があいているような状態」だそうです。

考えてみれば、注水を続けても満タンにならないということを知らされた時期から思い至るべきでした。
まして、「専門家」の方々は、容易に想定していたに違いありません。

普通に考えて、タービン建屋地下の水も、圧力容器から漏れた高濃度汚染水が、格納容器の破損部分から流れ出しているとしか思えません。

冷却系を稼働させるためには、水の漏れだし部分を塞いで、作業環境の安全を確保しなければならないでしょうが、探すのが困難を極める上に、塞がなければならない場所は超高度の放射能汚染箇所で、人が近づくことは、原理的に不可能なように思われます。

電力会社は、超完全防護服でも用意しているのでしょうか。

この数日の事態で、冷却系が正常に稼働することは期待できない事態に至ったようです。


そうなると、燃料棒の溶解を避けるためには、注水による冷却を続ける以外に方法がないということですが、圧力容器に穴が空いている以上、注水する傍らから高濃度の放射能を含んだ水が流れ出すということは続きます。

圧力容器の爆発を避けるため圧力を正常に保つには、ときに圧力容器内の水蒸気を放出する必要もあるでしょう。

圧力容器に穴が空いていることになれば、注水作業は、いつ終わるとも知れない果てしない作業になるでしょう。

燃料棒が発熱しない状態になるまでの間、高濃度の放射能を含んだ水と空気が、ばらまき続けられる事態を想定しなければならなくなりました。

それでも、これは楽観的な想定なのかもしれません。
燃料棒の全面的溶解という事態の方が、ひょっとすると、より現実的な想定かも知れないからです。

それでも、原発推進政策を変えようとしない政府、マスコミ、学者たちの良識を疑います。

それとともに、放射能汚染地域になる可能性が高い名古屋を疎開先として考えた自らの不明を恥じる次第です。

======================

追伸

昨日、日本テレビを見ていたら、「専門家」の方が、厳しすぎる被曝の安全基準を倍に上げることを提案していました。

そうすると、「直ちに健康に影響はない」などと回りくどい言い方をしなくても、「健康に影響はない」「安全です」とわかりやすく断言できるんだそうです。

ほうれん草もレタスもキャベツもパセリも何もかも全ての農産物が安全になるんだそうです。

同席していた弁護士が、「先生にそう説明していただくと、本当に安心できました」なんてコメントをしていて、

テレビ局には御用学者だけでなく、「御用弁護士」というのもいるんだなぁと感心しました。

なお、安全基準が欧米より厳しいのは、食品の安全基準全般に当てはまると聞いています。
日本人の体格が欧米人より劣るから、当然なのですが、欧米並みにしようと「専門家」の方はおっしゃっておられました。

「専門家」の方によれば、欧米基準は、10倍だそうですから、
これからどんどん安全基準を上げて、
国民の「安全」を守るために政府は学者とともに万全の対策を講じていってくれるのでしょう。

国民が穏やかだからといって、いつまでも、舐めんなよ(怒)。

* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 「相談は無料ですか」 | トップページ | 震災被害相談虎の巻 »

ニュース」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/51239770

この記事へのトラックバック一覧です: 圧力容器損傷:

« 「相談は無料ですか」 | トップページ | 震災被害相談虎の巻 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30