フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« ついに漏出、学者の良心 | トップページ | 小佐古参与会見中止 政府圧力で »

2011年5月 2日 (月)

トモダチ作戦の実相 今日の中日新聞社説から

『トモダチ作戦』には、名前からして違和感があった。

アメリカで浦沢直樹の『20世紀少年』が読まれていたら、きっとこんなネーミングはしなかったろう。
マンガの中での「ともだち」は世界征服・世界滅亡を目指す巨大で不気味な悪の新興宗教集団。
「トモダチ」となれば、ひらがなより距離感が強調されるだけに受けるイメージは、いっそう、薄気味悪い。

そんな「トモダチ」の真意を今日の中日新聞の社説が、鋭く突いている。

「トモダチ作戦」に込められた徹底したアメリカの国益追求の姿勢と、日本にとって、あまりにも合わない帳尻勘定。

全国紙ではおそらくこんな社説は書けないに違いない。
標題は柔らかいが、中身は辛辣である。

日米を真のトモダチに 大震災と米軍支援」(5月2日)

毎年決定されていた思いやり予算を5年分一括して決定することになった背景には、漸減傾向にあった思いやり予算を2010年実績の1881億円で固定化する狙いがあった。

菅政権はこれを丸呑みした。

大震災、津波、原発事故の未曾有の国難も「トモダチ」には通じなかったということだ。


* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« ついに漏出、学者の良心 | トップページ | 小佐古参与会見中止 政府圧力で »

東日本大震災」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/51557949

この記事へのトラックバック一覧です: トモダチ作戦の実相 今日の中日新聞社説から:

« ついに漏出、学者の良心 | トップページ | 小佐古参与会見中止 政府圧力で »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31