フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 視聴妨害はやめよ その2 | トップページ | 東電OL事件が照らす闇 »

2011年7月17日 (日)

増えすぎた弁護士はどう淘汰されるか

弁護士の大量増員は、日本の弁護士の変質の先触れに過ぎないかもしれない。

このところ、その先にあるのが、米国弁護士の日本に対する全面進出だろうという兆候が多く見受けられる気がしてならない。

アメリカにとって、米国弁護士を日本に送り出したい動機はいくつもある。


それにしても、とりあえずは、弁護士増員である。

マスコミはこぞって、弁護士バッシングに忙しく、弁護士が増えることこそが市民のためになるとはやし立てる。

今の数では、弁護士が少なすぎて、身近ではない。

もっと増員して、身近な存在にして、使いやすくしなくてはならないと主張する。



果たして、本当にそうか。


以下は、アメリカのリーガル・サスペンスの雄スコット・トゥローの『囮弁護士』の中から、どうすれば、人々から選ばれる弁護士になることができるかについて、述べた件である。


『尊大な医者も、アパートメントや小さな平家住まいの、つましい暮らしをしている人間が大半を占める我々の依頼人も、みんなそろって、ある一つのことを知りたがる……こいつらは成功してるのか?裁判に勝てるのか?だから、ちゃんと目に見えるようにしておかなきゃならない。メルセデスに乗り、ゼニアを着て、金持ちと有名人大好きのリポーター、ロビン・リーチがいつはいってきてきもおかしくないようなオフィスを構えなきゃいけない。』(囮弁護士・文藝春秋)


今のところ、日本の弁護士の実感ははるかに遠い。


しかし、マスコミが望むように、弁護士資格も数ある資格の一つに過ぎず、弁護士資格は生計・仕事を保障しないということになれば、弁護士の均質性は大きく損なわれる。


結局、一般市民は、どの弁護士を選んだらいいのか、今以上に、わからなくなるだろう。


つまるところ、この小説がいうように、弁護士として立派に金を儲けている弁護士を選ぶのがリスクが少ないということになるだろう。


どうもそうした日が来るのが遠くないように思える。

* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 視聴妨害はやめよ その2 | トップページ | 東電OL事件が照らす闇 »

司法改革」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/52229365

この記事へのトラックバック一覧です: 増えすぎた弁護士はどう淘汰されるか:

» 光市事件懲戒呼びかけ 橋下知事が逆転勝訴/これでもう、あの種の事件弁護の引き受け手はいなくなるだろう [来栖宥子★午後のアダージォ]
安田好弘著『死刑弁護人 生きるという権利』これまでの弁護士経験の中でそうした「弱い人」たちをたくさんみてきたし、そうした人たちの弁護を請けてきた [続きを読む]

« 視聴妨害はやめよ その2 | トップページ | 東電OL事件が照らす闇 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30