フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« ドキュメント『命の平等裁判』和解 | トップページ | 田母神先生のミサイル論文再掲 »

2012年4月 6日 (金)

宮崎学の子分 暴排条例実態報告編

宮崎学の子分である。
改めていうまでもないが、親分とは面識はない。

親分が暴排条例(暴力団排除条例)に猛烈に反対しておるのは知っておるだろうな。

いうまでもないが、「排除」なぞという言葉を堂々と使う社会は非寛容だ。生きやすい訳がない。



ところで、警察はけしからんことをしておる。
「暴排」を口実に堅気をいじめておる。
知り合いの風俗店の店主が嘆いておったわ。


それによると、警察は名古屋の錦・栄の歓楽街の風俗店に一斉にローラー作戦をかけているそうだ。
みかじめ料を払っていないか、軒並み聞きに回っておるそうだ。

風俗店の店主は、皆、暴力団に嫌がらせをされるのが怖いから、みかじめ料を払っておる。そんなのは歓楽街の常識である。

みかじめ料を払っているだろうと、尋ねられる。
「払っていない」と答えても、他の店と違うのかと尋ねられる。
「違う」と言えば、「どうして違うのだ(そうか、この店は暴力団直営なのだな)」と迫られる。
苦しくなって「他の店と同じにしている」なぞと答えれば、即、営業停止にされるそうだ。

とくにキャバクラとホストクラブがねらい打ちにされて、次々と営業停止を食らっておるそうだ。



高級クラブはOKで、ホストクラブがNGなど、ワシは断じて許さん。
こう見えても、ワシはフェミニストである。
男が遊ぶのは良くて、女が遊ぶのがいかんなどと、あってはならんことだ。


たださえ、苦しいご時世だ。
営業停止を食らって、閉鎖に追い込まれる店も相次いでおる。
ホストクラブに至っては、半減したそうだ。



ビルオーナーへの攻勢もすさまじいらしい。
暴力団関係者を入居させていないか、厳しく追及しておるそうだ。

店の閉鎖で空きテナントができても、オーナーは警察が怖くて、及び腰になっているそうだ。



風俗店経営者の感想は、警察が本気で、暴力団から店を守ってくれるなら、みかじめ料など払いたくない。守ってくれないから、暴力団が怖くて払っている。
こんな理不尽な仕打ちを受けるくらいなら、暴力団の方が警察よりましだというものだ。

尤もである。
警察が堅気をいじめてはいかん。
やくざの風上にも置けぬ。


経営者は、東京や大阪の警察はもっとひどいと聞いたという。
歌舞伎町なぞはもう、悲惨な有様だという。
愛知県警は、東京や大阪に先を越されて、功を焦っているのではないかと言う。

風俗営業法に基づいて許可を受けるから、営業停止なぞを食らうのである。
経営者は、結局、こんなことをすれば、もぐりの風俗店が増えるだけで、安心して入れる店が減り、治安は悪化するばかりだという。

尤もな話ではないか。



大体が、暴排条例は、目的犯だ。
「暴力団の威力を借りる目的で」金銭を授受してはならないと定めておる。
実態は、暴力団から暗に、みかじめ料を払わなければ、営業を妨害してやると示唆されるから、暴力団の営業妨害がこわいから、みかじめ料を払っておるのだ。
「威力を借りる」目的などはない。

いやがらせをやめてくれというお願いで払っておるに過ぎぬ。
警察が、そんなことを知らぬ訳はない。

構成要件に該当しないことを理由にして、営業停止をかけるなぞは、違法である。

暴力団に代わって、警察がのさばろうとしておる。

心ある暴力団は、堅気をいじめるのをやめろ。
義によって、結束しろ。
堅気をこれ以上、泣かすな。


秘密保全法が通れば、警察の動きに関する情報は、秘密情報になり、こんな話もしておれんくなる。

弱い者は、みな分断されるのである。

つくづく恐ろしい世の中になろうとしておると思う。

さすが親分である。
憲法のメルトダウン」とは、よく言ってくれた。

* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

追記 愛国者鈴木邦夫氏もなかなか、いいことを言っておる。

    リンクしておく。

    「鈴木邦夫の愛国問答 第84回」

« ドキュメント『命の平等裁判』和解 | トップページ | 田母神先生のミサイル論文再掲 »

ニュース」カテゴリの記事

宮崎学の子分」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/54397189

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎学の子分 暴排条例実態報告編:

« ドキュメント『命の平等裁判』和解 | トップページ | 田母神先生のミサイル論文再掲 »