フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 度し難い東京中心独善主義 | トップページ | 夕日新聞 今日の社説  『コンビニが足りない!大胆なコンビニ改革を』 »

2012年4月26日 (木)

三振して良かったね

僕の事務所では、これまでロースクールから6人のエクスターンシップ生(ロースクール在学中の実習生)を受け入れてきた。


暇な一人事務所ではあるが、それなりに工夫して、現場を見てもらうように努力してきたつもりであるが、お眼鏡に適わぬようで、今年からエクスターンシップ生を配置されなくなってしまったようだ。


東京とか、韓国とか、現場がそこにあるので、連れて行ったりしたことが問題だったのかも知れぬ(他では得難いマチベン独特の修習だったのだが)。


ロースクールを卒業すると、5年以内に3回の受験機会が与えられる。


この間に3回不合格となると、新司法試験の受験資格を失う。


業界では、これを三審制にちなんで「三振制」と呼ぶ。


で、僕の確認している限りでは、どうも6人中、5人は新司法試験に合格したようである。


気になっていた一人から、先月、手紙が届いた。
某大都市に採用されて、4月から公務員になるとのことだった。


気になっていたので、早速、電話をしたところ、
案の定、三振していた。


僕から思わず飛び出した言葉は


「おめでとう、三振して良かったねぇ」


きっといい公務員になるに違いない。
そう思わせる学生だった。
何も、インハウスで、法律を浸透させるのに、別に弁護士資格等は要らないのである。


新司法試験など落第して(あるいは無視して)、企業や自治体に応募した方が、よほど収入も身分も安定するのが、今のロースクールの現状なのである。


「崩壊(法科)大学院制度」と呼ばれる所以である。

* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 度し難い東京中心独善主義 | トップページ | 夕日新聞 今日の社説  『コンビニが足りない!大胆なコンビニ改革を』 »

司法改革」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/54563669

この記事へのトラックバック一覧です: 三振して良かったね:

« 度し難い東京中心独善主義 | トップページ | 夕日新聞 今日の社説  『コンビニが足りない!大胆なコンビニ改革を』 »