フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 子育ては、こうでなくっちゃ 家庭教育支援条例断固阻止 | トップページ | 明るい不登校 »

2012年5月11日 (金)

オー!アウェイ法廷

政治家の世界ほどではないにしろ、法律家の世界も、ご多分に漏れず、男社会である。最近ではさすがに女性の裁判長も珍しくなくなったが、法律家全体に占める女性の割合はまだ20%にも満たないようだ。


先日の法廷、マチベン30年にして初めてのアウェイ法廷だった。


指定された時刻の5分前に法廷に入る。裁判官席を見ると、裁判長を始め3人の裁判官の内、2人が女性だ。へ~、こんなこともあるんた、珍しいと思って、被告席を見ると、これまた、3人いる代理人(国が被告の事件だったので、弁護士ではなく検察官が代理人だ。)も2人が女性だ。しかも、主任、副主任が女性で、男はその補佐だ。
で、国外退去命令の取消を求める外国人である原告の代理人も女性。


前の事件が終わって、僕が原告席に付く。並んで原告席に座った原告が、また女性なのである。
その上、この裁判を支援するために駆けつけた傍聴者が2人を除いて全員が女性。


男としては、完全アウェイ状態である。
で、居心地はと言えば、別に、悪くなかったよ。もともと僕はフェミニストなんだから。



僕が知っているロースクールの学生は3割から4割が女性である。で、僕の偏見かもしれないが、優秀な学生は女性の方が多いような気がする。


僕の事件は、地域の居住環境を守ろうとする建築確認処分取消の事件だ。企業論理にとらわれがちな男性より、女性の方が生活感覚を大事にしてくれそうな気がする。なぞと虫の良いことを考えるのが、偏見でないことを願うばかりである。


追伸
指定弁護士の控訴を受けて、このブログの読者は、「宮崎学の子分」の登場をお待ちかもしれないが、彼は暴力団大増員、ではなく暴力団排除条例の煽りを喰って、細かい凌ぎに益々忙しいようで、よろしく伝えてくれということだった。

何だか知らないが、原発に代わる電力として「暴力発電」を考案したそうで、電力会社に売り込んいるが、相手にしてもらえないと泣き言を言っていた。
それもこれも暴排条例のせいである。

* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

« 子育ては、こうでなくっちゃ 家庭教育支援条例断固阻止 | トップページ | 明るい不登校 »

マチベンのスタイル」カテゴリの記事

事件」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/54683373

この記事へのトラックバック一覧です: オー!アウェイ法廷:

« 子育ては、こうでなくっちゃ 家庭教育支援条例断固阻止 | トップページ | 明るい不登校 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30