フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« インフラ一斉崩壊 先送りする宴資本主義の果てで | トップページ | 傑作! 純と愛 »

2013年2月21日 (木)

ISDの罠 番外 TPPを慎重に考える会学習会(第44回)

レジメ「TPPを慎重に考える会」をダウンロード


昨日は、国会へ行ってきた。
ひょんなことから、篠原孝衆議院議員から、「TPPを慎重に考える会」の講師に招かれた。


居並ぶ有名な先生方や、市民運動でも第一線の方々を前に話すのは大変に気が引けた。
しかし、憲法学者の先生が重い腰を上げるのを待っていては、手遅れになりそうな形勢である。
とにかく法律家から見て、ISD条項は、国連憲章を中核とする国政法秩序を紊乱し、憲法違反のオンパレードだということを精一杯、訴えた。

一応話の骨格だけ、ご紹介するとこんな趣旨の話をした。


◎国際法との関係

ISD条項は、
①外国投資家に国家を超越する法主体性を付与して、国家主権の絶対性の通念を覆し、
②内政不干渉・民族自決原則等の国連憲章に基づく普遍的国際法秩序を紊乱する。


◎憲法との関係

ISD条項は
①司法主権を侵害する結果、さらに
②行政主権、立法主権を侵害し、
③地方自治を無効化し、
④人権体系全体を書き換えてしまう。
憲法破壊であり、一種のクーデターのようでもある。


質問も極めて高度で、楽しかった。
新しく教えてもらったことも多かった。


岩上安身氏がUstreamでも中継してくださった。

第44回TPPを慎重に考える会

今は無料で見られます。岩上氏のサイトは、エキサイティングな議論がいっぱいあって面白いので、ぜひ、有料会員になられることをお勧めいたします。

レジメがないと、非常に分かりにくい話だったと思うので、この日記の冒頭にレジメをアップしておきました。


多少ラディカルなことを言っているようにみえるかもしれないけれど、多分、TPPが締結されてしまえば、何年後かには、みんな現実になっちゃう。


ホントに、あの場では、憲法学者か、日弁連のしかるべき立場の方に話していただきたかった。


マチベンは、これまでチャレンジングな訴訟を繰り返してきた。
そんなときに、良心的だとされる専門家に相談すると、軽く扱われるか、冷笑されることが極めて多かった。
誠実にマチベンの疑問に向き合ってくれた専門家は数えるほどしかいなかったのが実態だ。
でも、全てと言っていいけど、数年以内には、マチベンの主張が裁判所でも認められるか、そうでなくても社会が変わった。


だから、マチベンの疑問には真面目に取り合った方がいいと思う。


それから、日弁連に対する評価は僕が想像した以上に低いものでした。

まじめに国の将来を憂えている議員さんたちも、市民運動の方々も日弁連の態度には、猛烈な違和感をお持ちでしたよ。
このままでは、日弁連の威信の失墜必至です。


日弁執行部さん、考えるべきときが来てますよ!!


* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

資料1 「国家と投資家の間の紛争解決(ISDS)手続の概要
(平成24年3月 外務省・経済産業省)

資料2 「投資協定の概要と日本の取り組み」
(平成24年11月経済産業省通商政策局経済連携課)

資料3 「投資協定仲裁の新たな展開とその意義-投資協定「法制度化」のインパクト-
(小寺 彰 経済産業研究所 東京大学大学院総合文化研究所教授)

« インフラ一斉崩壊 先送りする宴資本主義の果てで | トップページ | 傑作! 純と愛 »

TPP」カテゴリの記事

マチベンのスタイル」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/56811497

この記事へのトラックバック一覧です: ISDの罠 番外 TPPを慎重に考える会学習会(第44回):

» TPPは日本国憲法違反 第44回 TPPを慎重に考える会 勉強会 [マスコミに載らない海外記事]
第44回TPPを慎重に考える会 勉強会を拝聴してきた。 悪夢だ。もちろん勉強会ではなく、TPPが。 2013年2月20日 衆議院第2議員会館 多目的会議室 開会挨拶 TPPを慎重に考える会 世話人 篠原孝講演 弁護士 岩月浩二氏 「法律家が斬る! 「投資家対国家紛争解決手続き」-ISD条項がもたらす憲法破壊と国際法秩序... [続きを読む]

» もし~だったら? [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2013年2月21日 “もし~だったら”という歴史は読み物として面白い。面白く、考えを刺激し、想像を促してくれる。歴史の転換点で、もし違う判断、決断や状況が勝っていたら、世界はどのように変わっていただろう。確かに、(ヘイスティングの戦いで)もしハロルド王の兵士達が命令に従って、敗北... [続きを読む]

« インフラ一斉崩壊 先送りする宴資本主義の果てで | トップページ | 傑作! 純と愛 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30