フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« ISD条項の罠13 間接収用規定は憲法29条に違反する | トップページ | マチベンがTPPに反対する訳   『弱き者は死ね』のグローバル経済の世界観 »

2013年4月16日 (火)

【拡散希望】逃れられない日米FTA 事前協議合意の露骨な含意

TPP事前協議合意について、メディアは、真実の半分を伝え、半分を覆い隠している。
以下、山田正彦氏のブログを参照。
事前協議の往復書簡全文を掲載した上、一般に報じられていないUSTRの報告書が翻訳されているのが有益である。


メディアの報道では、早々と自動車などいくつかの分野について、貢ぎ物をし、非関税障壁に関する二国間協議に入るとの合意をしたと報じられている。


この二国間協議は、法的なものである。

この目的のため,両国政府は,TPP交渉と並行して,保険,透明性/貿易円滑化,投資,知的財産権,規格・基準,政府調達,競争政策,急送便及び衛生植物検疫措置の分野における複数の鍵となる非関税措置に取り組むことを決定しました。これらの非関税措置に関する交渉は,日本がTPP交渉に参加した時点で開始されます。両国政府は,これらの非関税措置については,両国間でのTPP交渉の妥結までに取り組むことを確認するとともに,これらの非関税措置について達成される成果が,具体的かつ意味のあるものとなること,また,これらの成果が,法的拘束力を有する協定,書簡の交換,新たな又は改正された法令その他相互に合意する手段を通じて,両国についてTPP協定が発効する時点で実施されることを確認します。

アメリカは、これまでの対日要求によって、政治レベルで日本の構造改革を図ってきたが、TPP交渉への参加を日本に対して認めるのをエサに、法的な拘束力のある協定や法令の改正によって非関税障壁の撤廃を図ることに合意したということだ。
これは、典型的には日米FTAのことに他ならない。
この交渉は「日本がTPP交渉に参加した時点で開始され」「両国間でのTPP交渉の妥結までに取り組ま」れ、「両国についてTPP協定が発効する時点で実施されることを確認」するとされている。
TPPと一括して、日米FTAも締結、批准されるという約束になっている。


マチベンは、TPPは、場合によっては、アメリカが求めるレベルに達しない可能性があると思っていた。とくにオーストラリア、ニュージーランドとの間で、米国が保護したいセンスティブな農産品の関税や、ISD条項の締結に関して意見の対立が厳しいため、場合によっては、TPPの決裂もあり得ると期待していた。


しかし、そうした期待は、ついえたと言ってよいだろう。
アメリカとしては、TPPでは、各国の思惑に配慮して、中途半端なものでも合意するかも知れない。
しかし、属国である日本に対して、それを許すとは到底、考えられない。
日本とは並行して法的拘束力のある二国間協議を進めるということは、TPPと日米FTAの間で基準や手続の相違が生まれるのは当然というのがアメリカの立場を示している。
属国にはより厳しい基準をという、ダブルスタンダードである。

アメリカ政府はアメリカ製品の日本への輸出を妨げている広範な産業分野および産業横断的な非関税障壁に対する懸念を表明してきた。これらの問題がTPP交渉においてはまだ十分に討議されていない以上、それらは二国間で、TPP協議と並行して、討議され、TPP交渉終了までに完結させなければならない。 (USTR報告書)

この合意は、TPPが締結、批准されることを前提にしているように見える。
TPPが決裂した場合は、どうか。
日本の交渉態度の想像を絶する弱腰からすれば、TPPが決裂する前に、日米FTAは、とっくに合意できる水準になっているだろう。
TPPが決裂したからと言って、日本がこの拘束から逃れることは実際上、不可能だろう。


米国議会は、日本のTPP参加表明まで大統領に対する通商交渉の授権法を失効させたままでいた。
日本が参加表明した途端に、授権法に向けた動きが出てきた。
最初からアメリカの狙いが日本だったことは明らかだ。


米国の狙いは、あくまでも世界3位のGDPを有する日本との間で、アメリカの求める自由貿易と保護主義を同時に満たすFTAなのだ。

 

「アジアの活力を取り込む」など、最初から、ウソだったことは明らかだ。


米国USTRの報告書の山田正彦事務所の仮訳を以下に張り付ける。
アンダーラインや強調部分に注意してもらいたい。


・関税撤廃は、TPPでは、おそらく10年を目処にしている筈だ。
USTR報告書では、日米間に限っては、自動車関税については、10年の猶予期間のさらに後に段階的に撤廃するという内容で合意したとされている。


・自動車安全基準の認証手続に関する例外台数の倍増、日本郵政に関連するガン保険や医療保険の不認可は、アメリカが求めるまでもなく、一方的に日本政府が通知してきたという。


・非関税障壁に関するファクトシートも極めて恐ろしい(末尾USTRの2つめのリンクがファクトシートである)。
たとえば、投資に関する部分だけ意訳すると、合併・買収を促進するために、真に独立した社外取締役の役割を強化するとされている。
西武の敵対的買収に対して湧き上がったような地方路線の存続や球団の保有等という企業の社会的な役割を云々するのは、投資家の利益に反する。投資家の利益を守るために「真に独立した取締役(株主代表)」の役割を強化しろというのだ。


政府の審議会などの機関に、外国投資家(stake holder)を入れることも明記されている。


こうした「非関税障壁の撤廃」が日米FTAの内容になるのだ。


なお、最後に付け加えれば、事前協議往復書簡で合意された「法の支配」が「アメリカ法の支配」であることは、2002年超党派大統領
貿易促進権限法から明らかである。

結局、TPP交渉事前協議とは、アメリカにとっては、日米FTAへの約束を取り付けるための場であったのである。

日本の官僚を中心としてそれに蝟集する政治家や財界を初めとする利益集団は、それを知っていて、TPP交渉へ前のめりになって、率先して日本を売り払おうとしているのだ。

* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

------------------------------------------
USTR 2013.4.12
TPPへ向けて:日本との協議事項報告 <仮訳>

アメリカ政府はTPPに参加したいという日本との公式二国間協議を2012年2月に開始しました。これは日本のTPP参加国との協議を始めたいという2011年11月の表明にもとづくものです
日本との協議は、自動車や保険セクターおよび他の非関税障壁に関する二国間の幅広い関心事をカバーし、TPPが求める高い基準を日本が満たす用意があるかどうかという点に関する議論も含まれています。
今日、アメリカ政府は日本との間に、強固な実施行動のパッケージおよび諸合意が成立したこと、そしてアメリカ政府が一連の協議を成功裏に完結したことを報告申し上げます。

自動車
アメリカ政府は、自動車部門に関する深刻かつ積年の関心事を明確にしました。日本政府はアメリカとの協議において、日本車の輸入関税はTPP交渉の他のいかなる製品に猶予された最長期間よりもさらに遅い時期において段階的に廃止されることに合意した。しかも、この段階的廃止は猶予期間が終了した後にのみ実行されることも日本政府は合意した。さらに、これらの措置は米韓FTAで韓国に認められた関税廃止措置よりもはるかに遅れることも日本政府は合意した。

4月12日に日本政府は、簡易許可手続き(PHP)すなわち日本に輸出される米国車に対してより簡単で時間のかからない認証方法での輸入台数を二倍以上にすることを一方的に決定して通告してきました。最近の例でいえば、車種ごとに年2000台まで認められている簡易輸入手続きを、今度は車種ごとに年5000台までアメリカ自動車メーカーは日本に輸出する際には認められることになります。

アメリカ政府と日本政府は日本の自動車産業分野に存在する広範な非関税障壁(NTM)を、TPP交渉と並行して行われる二国間協議の俎上に載せることを合意しました。そのテーマの中には諸規制の透明性、諸基準、証明書、省エネ・新技術車そして流通などの問題が含まれる。さらに、特定車両に対するセーフガード条項を協議し、係争事例の法的救済として関税再課税(snapback tariffs)などのメカニズムも協議することを日米政府は合意した。協議でどれだけの範囲のイシューを協議するかは添付されたTOR(内閣官房資料3)に書かれている。そしてその協議の結果はTPP交渉におけるアメリカと日本の二国間における最終二国間市場アクセス包括協定における強制的約束として含まれるものである。

保険
近年、アメリカ政府はアメリカの保険会社が日本郵政の保険との関係において、日本の保険市場で平等な基準で取り扱われていないことを強調してきた。今回の協議において、TPP協議へ向けて平行して行われる交渉と同時に、このTPP交渉における平等な取扱いの問題を取り上げることに合意した。さらに、日本政府は、4月12日に一方的に以下のことを通告してきた。その内容は、日本郵政の保険に関しては、民間の保険会社に日本郵政と平等な競争条件が確保され、また日本郵政の保険が適切なビジネス経営(非公営)の下で運営されていると日本政府が決定するまでは、いかなる新規のあるいは修正されたがん保険及び単独の医療保険を許可しない、ということである。

非関税障壁(NTM)
アメリカ政府はアメリカ製品の日本への輸出を妨げている広範な産業分野および産業横断的な非関税障壁に対する懸念を表明してきた。これらの問題がTPP交渉においてはまだ十分に討議されていない以上、それらは二国間で、TPP協議と並行して、討議され、TPP交渉終了までに完結させなければならない。(これに関してはfact sheetで問題の実情を含め詳細に説明されてい

日本は高い基準での協定受け入れを表明
我々二国間の協議を通してアメリカ政府は、日本がTPP交渉に参加したいなら、現在の参加国である11か国によってすでに交渉された高い基準での協定を受け入れを保証せよと強く強調してきた。それに対し、また2月22日の共同声明に記載されているとおり、日本政府は、すべての産品を交渉のテーブルに乗せ、そのうえで2011年11月12日にTPP参加国によって表明されたTPP協約に明記された包括的で高い基準の協定を達成するために、交渉に参加することを言明した。

強固な関係の成長
もし日本がTPP交渉に参加するなら、その参加はアメリカの最大の貿易パートナーである国の参加であり、TPP協定の経済力を高める。日本は現在、アメリカの第4位の貿易パートナーである。2012年にアメリカは700億ドルの産品を日本に輸出し、サービス分野は2011年に440億ドルに達した。TPPに日本が参加することは、アジア太平洋地域FTA(FTAAP)への道筋を進めると同時に、競争力のあるアメリカで生産された製品とサービスに対する日本市場のさらなる開放を意味する。そのことは同時にアメリカ国内の雇用を支えるのだ。TPPに日本が参加したことにより、TPP参加国全体では世界のGDPの40%近く、そして世界貿易の三分の一を占めることになるのだ。    

-----------
* ランキングに参加しています *

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

関連URL

USTR

http://www.ustr.gov/sites/default/files/04132013 Japan OVERVIEW factsheet FINAL_1.pdf

http://www.ustr.gov/sites/default/files/04132013 Japan NON-TARIFF MEASURES factsheet FINAL.pdf

外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/kyogi_2013_04_01.pdf

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/kyogi_2013_04_03.pdf

« ISD条項の罠13 間接収用規定は憲法29条に違反する | トップページ | マチベンがTPPに反対する訳   『弱き者は死ね』のグローバル経済の世界観 »

TPP」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/57185475

この記事へのトラックバック一覧です: 【拡散希望】逃れられない日米FTA 事前協議合意の露骨な含意:

» ニュージーランドは、日本のTPP交渉への参加を望んでいない [マスコミに載らない海外記事]
プレス・リリース -ジェーン・ケルシー教授 新たに選出された安倍首相が、一年以上のはっきりしない臆測を終わらせて、来週、日本の正式な環太平洋連携協定(TPP)交渉参加希望を発表するものと予想されている。 2013年3月11日 Immediate release 宣伝にもかかわらず、ニュージーランドは、日本のTPP交渉へ... [続きを読む]

« ISD条項の罠13 間接収用規定は憲法29条に違反する | トップページ | マチベンがTPPに反対する訳   『弱き者は死ね』のグローバル経済の世界観 »