フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« ISD条項の実務 敦賀原発2号機直下の活断層と「間接収用」 | トップページ | 「月刊日本」デビュー »

2013年5月21日 (火)

TPPで食の安全が脅かされる 週刊新潮5月23日号お勧めお早くお求めを

週刊新潮先週号はお薦め。
TPPで、一番、身近な食の話題を採り上げている。
気がついたら、あさってには、店頭から消えますので、お早めにお求めください。


TPP交渉に深刻な懸念
中国産に気を取られるあなたの食卓に米国産「危なすぎる食材」

▼日本人視察者が目を疑った「肉牛」飼育現場は糞尿まみれ

▼米国産「牛肉」輸入禁止24年で欧州はホルモン依存症ガンが減少

▼カリフォルニア産オレンジに強烈なる「防カビ剤」

▼アメリカ名門大学で「養殖サーモンは年に6回まで」のレポート

▼日本で認可されていない「食品添加物」2200種類がやってくる

▼袋を開けたらカビだらけだった「カリフォルニア米」の有害性

▼米通商代表部が「大腸菌付着に問題なし」と冷凍フライドポテト


牧場経営の経験がある山田正彦元農水相が、アメリカ牛の畜産現場を視察し、あまりのすさまじさに唖然としたというエピソードも入っています。


アメリカでは、牛を早く育てるために、成長ホルモンを投与しています。
成長ホルモンを投与した牛は感染症にかかりやすくなるので、抗生物質も投与します。
こうして、出荷までの時間を短くして、効率的な牛の生産ができているのですね。


成長ホルモン牛は、日本人は接種していますが、EUはWTOの判定にも反して断固として輸入を拒否しました。
その間、日本人の乳ガン発生率は5倍になり、EUの乳ガン発生率は30%減といったデータも出ています。


最近、ISD以外にSPS協定(衛生植物検疫協定)のお勉強も始めました。
食の安全が脅かされるというのは、比喩ではありません。
グローバル資本ルールにしたがって、私たちが薬漬けにされるのは、法律的に説明できます。
近いうちに、SPS協定の紹介をさせていただく予定です。

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

« ISD条項の実務 敦賀原発2号機直下の活断層と「間接収用」 | トップページ | 「月刊日本」デビュー »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/57429534

この記事へのトラックバック一覧です: TPPで食の安全が脅かされる 週刊新潮5月23日号お勧めお早くお求めを:

« ISD条項の実務 敦賀原発2号機直下の活断層と「間接収用」 | トップページ | 「月刊日本」デビュー »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31