フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 孫崎亨氏メール転載 TPP反対大デモでの発言(「戦後の歴史で安倍政権は最悪」) 檄文 この国の置かれている今、ここ、について | トップページ | 秘密保護法成立翌週明けの光景 »

2013年12月 8日 (日)

ストイコビッチ監督辞任に寄せて

名古屋グランパスのストイコビッチ監督が、昨日の試合をもって監督の任を終えた。


ストイコビッチは、日本を、名古屋を、こよなく愛してくれた。
Jリーグ発足後しばらく、名古屋グランパスは、浦和レッズとガンバ大阪と並んでJリーグのお荷物と呼ばれた。
鳴り物入りで獲得したワールドカップ得点王のリネカーは、不振で僅かな期間でイギリスに帰り「日本では昼間自動車工場で働いている労働者がサッカーをしている」とグランパスのことを揶揄するコメントをしたと、イギリスから聞こえてきた。


そんな名古屋グランパスに入団したのが、ストイコビッチだった。
Jリーグにも、世界の一流プレイヤーが招かれていたが、いずれも最盛期をヨーロッパサッカーリーグで終え、Jリーグは年金リーグと揶揄されていた。


ストイコビッチは、最盛期をJリーグで過ごした希有な世界的プレイヤーだった。
今はアーセナルを率いるベンゲル監督と、超一流プレイヤーであるストイコビッチというワールドクラスのサッカーを間近に見ることができたこの時期は、名古屋のサッカーファンにとって至福のひとときだった。
ストイコビッチは、Jリーグなんかで、くすぶっているような選手ではなかったのだ。


どうして彼が名古屋に呼ばれたのか。
それはヨーロッパ人は、セルビア人を差別するからだ。
第一次世界大戦の引き金を引いたとしてヨーロッパではセルビア人を差別し、嫌忌する。


ストイコビッチが活躍するのに十分な環境はヨーロッパにはなかったのだ。
だから、ストイコビッチも二流、三流のJリーグの、最下位争いの常連であるグランパスに来ることになった。


ストイコビッチは、知将ベンゲルが采配を振るうようになって俄然、輝きを増した。
彼がレッドカードの常連になったのは、むしろストイコビッチのプレイの高さに追いつくことのできない当時のJリーグの審判のレベルに問題があったと思う。
彼は、ちゃんと審判してくれと、苛立ち、抗議し、そのたびにカードを食らっていたのだと思う。


彼は再び、監督して招かれ、名古屋で指揮を執り、名古屋グランパスにJリーグ優勝をもたらし、そうして今、去っていく。
彼が、日本を愛したのは、間違いない。
日本には、セルビア人を差別する意識は全くないからだ。


マチベンは、一度でいいから彼と会ってみたいと夢見ていたが、かなわぬ夢に終わる。


セルビア人差別の、多分、動かぬ証拠がある。
第二次大戦後、アメリカ軍、NATO軍が、攻撃した国は、いずれも有色人種の国だ、と思う。
白人国家は白人国家を攻撃しなくなった、と思う。
そして白人国家でありながら、空爆された唯一の国家が、当時のユーゴスラビアだ。
僕は、ストイコビッチが、ゴールを決めた後、ユニフォームをまくり上げ、「STOP BOMB」と書かれたTシャツをテレビカメラに大写しに示し、レッドカードだったか、イエローカードだったかを食らった情景を忘れることができない。
1999年ユーゴ空爆のテレビ映像を、僕は、「あの戦火の下に僕がいる」と感じて見つめていた。


ピクシー、これからも日本を愛してください。

 
* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

孫崎亨氏のメールに続いて、ピクシーのことを書きたくなったので、急ぎ、資料も参照せず、記憶を書きとめた。
今、アメリカの軍事産業は、シリア攻撃を議会に止められ、合理的な期待利益が損なわれて、相当に焦っていると思われる。
血に飢えていると言ってもよいだろう。
いずれにしろ次に標的にされるのは、有色人種の国家であり、おそらく、独裁国家と非難される資格のある国家なのだ。
独裁国家の仲間入りを日本がしたという孫崎亨氏のメールで知らされ、心穏やかではない、TPP反対講演会巡業中の2013年12月8日である(太平洋戦争開戦の日)。

« 孫崎亨氏メール転載 TPP反対大デモでの発言(「戦後の歴史で安倍政権は最悪」) 檄文 この国の置かれている今、ここ、について | トップページ | 秘密保護法成立翌週明けの光景 »

TPP」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/58719757

この記事へのトラックバック一覧です: ストイコビッチ監督辞任に寄せて:

« 孫崎亨氏メール転載 TPP反対大デモでの発言(「戦後の歴史で安倍政権は最悪」) 檄文 この国の置かれている今、ここ、について | トップページ | 秘密保護法成立翌週明けの光景 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30