フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 米国に収奪される年金資産 | トップページ | 本当に大丈夫ですかとJPモルガンが言い 日本の年金資産問題 »

2014年11月 8日 (土)

【ご紹介】スティグリッツ TPP、米国資本主義を痛烈に批判

「共和党の勝利でTPP加速」というのがメディアの今の論調である。以前の「中間選挙を前に民主党オバマ政権はTPP合意を急いでいる」という報道とどう整合性があるのか、論証してもらいたいものだ。
今の報道が事実だというのであれば、過去の『誤報』について、全社が訂正・謝罪会見を開くべきだろう。


ちなみにマチベンは、民主党議員の大半がTPPにストップをかけているのだから、中間選挙のために合意を急ぐなどということはないと主張し続けてきた <(`^´)>エッヘン。
世界ランク100位クラスにも苦戦するサッカー日本代表を『史上最強』と『誤報』・喧伝・賞賛して恥じなかったメディアのことであるから、今やメディアの世界では何でもありであることは百も承知である。
たまさか政権に目障りになったメディアだけ、20年でも30年でもさかのぼって訂正・謝罪を強いられるのが昨今のメディア状況である。戦前と同じというか、茶色の朝というか、まあそんな時代に私たちはいる。


9月18日に亡くなられた宇沢弘文氏は、TPP阻止国民会議の代表世話人を務められ、亡くなられる数日前にも奥様を通した意思確認に対して、TPP交渉差止・違憲訴訟の会の呼びかけ人になることを快諾しておられた。
メディアは、宇沢弘文氏が、世界的な経済学者であり、TPPに反対していたことは伝えるが、自らが宇沢氏に背く背景については触れない。
まして宇沢氏の教え子でノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ氏がTPPを痛烈に批判していることも報じていないだろう。


少し古いが、スティグリッツ氏の米国資本主義やTPPに関する見解をリンクしておこう。

ビジネス+IT 2013年11月27日
ノーベル経済学者スティグリッツ氏が語る、米国資本主義の失敗と日本が取り組むべき課題

democracy now 2012年6月6日
世界の99%を貧困にする経済


KOTOBA2013年夏号
TPPと規制緩和を問い直す


それにしても情けないのは、宇沢弘文氏ほどの世界的泰斗を生み出した日本であるのに、近代経済学の専門家としての立場から論理的にTPPを批判する経済学者の意見を聞く機会がない。
マルクス経済学でも専門の立場から批判する声を上げているのはほんの一握りだ。
同じく専門的な立場でTPPに反対する論理を展開する法律学者も皆無にみえる。


国家戦略特区の問題を鋭く追及している奈須りえ氏が、特区の指定には憲法95条の住民の特別投票が必要だと主張している。権威のないマチベンは尤もだと考え、「学者の協力は?」と尋ねたら、「ごようばかりだ」と言われた。聞き直したら「御用学者しかいない」と言い直された。
日本の学会は、どこも御用ばかりで、どこもかしこも原発ムラ状態なのである。

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

« 米国に収奪される年金資産 | トップページ | 本当に大丈夫ですかとJPモルガンが言い 日本の年金資産問題 »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/60615923

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご紹介】スティグリッツ TPP、米国資本主義を痛烈に批判:

» 年内解散総選挙なら国民生活重視の有権者は投票率向上運動を起こし安倍政権打倒のため全力を尽くそう [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 年内に解散総選挙があれば国民生活重視の有権者は投票率向上運動を起こし安倍政権打倒のため全力を尽くそう。消費税率10%への引き上げの判断材料となる7~9月期国内総生産(GDP)が経済政策無策のため引き上げ無理の数字となるらしいため、衆院解散風が永田町に吹いているらしい。三つのシナリオが取りざたされており、第一のシナリオは「11月中の解散、12月21日投開票」、第二は「年内に衆院を解散、総選挙は年明け」、第三は選挙に有利な「通常国会で景気対策のための補正予算を成立させた後で解散に踏み切る」で...... [続きを読む]

» 【APEC始まる】 習近平に丸め込まれ、飲み込まれる安倍首相 [インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ]
〔画像出典:http://en.wikipedia.org/wiki/APEC_Australia_2007〕 Introduction: ただでさえ国際社会では影響力のない日本の首相である。たとえ安倍首相が「地球儀外交」と銘打って世界50カ国以上歴訪したとて、それは体のいい ”観光旅行” でしかない。安倍首相を重要...... [続きを読む]

« 米国に収奪される年金資産 | トップページ | 本当に大丈夫ですかとJPモルガンが言い 日本の年金資産問題 »