フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 内藤正典氏動画『欧州のイスラム嫌悪』 自由、平等、博愛の大ウソ  安部秘密保護法体制国家の二重基準 | トップページ | 検索できないNHK記事 ジブチ基地強化と日英2プラス2 対テロ戦争に組み込まれる日本 »

2015年1月29日 (木)

歴史の岐路で国民を見捨てるのか、日本共産党

しばらくネット情報をとるのをやめていた。
Blog「みずき」のサイトを見て、とんでもないことになっていることを知った。


2015.01.27 共産党はもはや「井の中の蛙」となって「鴻鵠」の志を忘れてしまったのか?――「日本人人質」事件に関連して共産党志位執行部体制を批判する


政府が人質解放に向けて全力で(?)取り組んでいるさなかに、人質事件を招いた責任を問う政府批判をするのは不適切だというのが、どうも日本共産党の公式見解のようだというから、恐れ入る。


赤旗がさっぱりさえないのはたぶん、もう『テロとの戦い』という大義名分の虚構を暴く立場を放棄したからだ。
『テロとの戦い』に対して戦う前に、戦線離脱、挙国一致・大政翼賛への積極的役割を果たそうということなのだ。
なんだか、気が抜ける話だ。


あまり腹も立たないのは、日弁連が、米国の要求に屈服して弁護士の大幅増員の方向に舵を切るとき、共産党の主流と見える弁護士がいっせいに弁護士大増員の旗を振ったことを間近に見ているからだ。
あえて共産党の「主流」と言っているのは、このときはさすがの共産党の弁護士の中でも、増員反対というまっとうな主張を展開していた弁護士も存在するからだ。


弁護士大増員路線を採用したことの成果を共産党主流の弁護士は、2004年に次のように誇った。
文中にある、自由法曹団は、いわば共産党系の団体であり、弁護士増員の立場から積極的に活動し、日弁連を弁護士増員の方向に導くキャスティングボートを握った団体である。
個々の弁護士の中には、極めて優れた弁護士もいるし、また弁護士増員の旗を振った弁護士も、各分野で優れた成果を上げているが、司法改革をめぐる動向の中では、決定的な役割を担った。

「 この七月に開かれた日弁連司法改革推進本部の夏期合宿において、日経新聞の藤川論説委員が、司法改革の影の立役者は自由法曹団だと講演のなかで力説したという話が出た。

 私も、まさにそのことを実感している。今度の司法改革については、方針面においても、また実行部隊の中核という人的面においても、自由法曹団がソッポを向いていたら今日の成果は獲得できなかったと思う。」


この立場は、弁護士の在野性(反権力性ないし非権力性)を否定し、日弁連が立法過程に意見を反映していくためには、権力と深い関係を持つことは当然とし、むしろ、権力の枢要部を占めることこそ重要だとするのだ。
自由法曹団員が、警察をコントロールする公安委員になることこそ推奨すべきことだと強調する。



「在野性

 私も、かつては在野性を絶対に忘れてはいけないキーワードと考えていた。しかし今、自由法曹団員が国会議員になり、裁判官になっていこうと いうときに、在野性の保持をあまりに強調しすぎるのはいかがなものか、と思うようになった。ましてや、日弁連という団体は、果たして在野性をその団体を特 徴づけるキーワードたりうるのだろうか、と考え直している。」



「 日弁連が立法過程で自己の意見を反映させようと思う限り、官や権力と深く関わりを持とうとするのは当然のことである。できあがった法律について、その問 題点をあげつらって批判し、「悪法反対」の取り組みをすすめるだけで日弁連が足りるという考えに私はいまや組みしない。私は、なれるものなら自由法曹団員 が公安委員になるのもいいし、むしろ、それを目ざすべきではないかとも考えている。国家権力の枢要部を占めている警察を「コントロールできる」公安委員会 に団員が入っていくことは推奨すべきことであって、それを「権力の手先」とか「在野性を喪う」などといって白眼視すべきことではないと思う。ただ、在野性 というのは、「常に多くの国民や大衆の視点を忘れないというようなふわっとした心構えのようなものだ」(藤尾順司団員の言葉)という指摘には同感だ。要 は、在野性という言葉が多様性を切り捨ての論理になってはいけないということなのだろう。」

「全国の団支部で・・・

 私は、二年ものあいだ権力中枢と身近に接する位置にいた大川団員を全国の団支部が招いて話を聞いてみることを強くすすめたい。司法改革の到達点と課題、日弁連とはいかなる団体なのか。さらに具体的に認識できる絶好 の機会となると確信している。」(自由法曹団通信2004年10月1日号


このとき共産党主流派の弁護士は、権力が近づいたと見事なほどに錯覚していた。
権力が近いとみて、早々と「現実主義」に路線を切り替える。


今回も同じことが起きている。
最近の選挙での『躍進』で、権力を握ることができると錯覚し始めている。
どこの政党も似たようなものだが、共産党の場合は、下積み生活があまりにも永かったせいか、議席が増えると、とたんに「現実主義」路線へ乗り換える。


民主主義全体が大幅に後退する危機的な状況の中で、行き場を失った批判票が共産党に集中しただけのことだが、そのような客観的な見方ができない。


弁護士増員のときは、とりあえず弁護士が没落するだけですんだ。
本当は、それだけでは止まらず、だからこそ米国は弁護士の大増員を求めたのだが。
しかし、今回はそうはいかない。
国民のために的確な情報を伝える唯一に近い媒体である「赤旗」が、政府に迎合して情報を出さなくなれば、事実を知る人は、ほんの一握りになるだろう。
対米隷属かつ極右という安倍政権を、その大事な場面で批判することをやめてしまえば、日本国民は一気に奈落に突き落とされることになりかねない。


体質を知るだけに、あまり期待しないが、共産党の覚醒を求めたい。
現場の人々は、強く共産党本部に抗議をしてもらいたい。

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

« 内藤正典氏動画『欧州のイスラム嫌悪』 自由、平等、博愛の大ウソ  安部秘密保護法体制国家の二重基準 | トップページ | 検索できないNHK記事 ジブチ基地強化と日英2プラス2 対テロ戦争に組み込まれる日本 »

ニュース」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/61054640

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の岐路で国民を見捨てるのか、日本共産党:

» 軍事優先への大変革”を、軍産勢力は安倍晋三を使って冷徹に粛々と進めている [Dendrodium]
安倍総理とその一派が今、 何を目論んでいるかを分かりやすく説明しておられると思ったので、 飯山一郎さんのてげてげ「『戦争ごっこ』? 戦争そのものだ!」の記事を引用させて頂く。 安倍総理は何が悲しくてこんな鬼畜の道に、嵌ってしまわれたのだろう? どうして日本人をこんな鬼畜の道に落として終いたいのだろう? 最近頓に窶れが目立ち、顔色が悪くなられた安倍総理ではあるが・・・・・ 武器・兵...... [続きを読む]

» 矛盾する判決が出た場合、国は法を守らなくても良いby最高裁判所 [Dendrodium]
諫早、国の強制金支払い確定 排水門の開閉どちらでも 2015年1月24日03時44分  国営諫早湾干拓事業(長崎県)の排水門の開門をめぐり、開門してもしなくても国に1日49万円の強制金の支払いをそれぞれ命じた二つの福岡高裁の決定が確定した。最高裁第二小法廷(千葉勝美裁判長)が22日付の決定で、国による不服申し立てを退けた。最高裁は開門の是非には触れず、相反する二つの高裁判断をそのま...... [続きを読む]

» 人質事件で安倍自民党政府に全面協力する共産党 [逝きし世の面影]
『非常時だからと政権批判を封じるとは・・・』嘘でしょ〜う。誰か嘘でもいいから「嘘だ」といってくれ。 26日付け共同通信などによると、『こんなにも許せないと心の底から思った政権はない』『国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権』『ゴンゴドウダン』などと、壊れた...... [続きを読む]

» 人質問題を再軍備推進に利用する日本政府 [マスコミに載らない海外記事]
Ben McGrath2015年1月28日wsws.org 日本政府は、今通常国会を、“集団的自衛権”を可能にすべく、日本国憲法“再解釈”を成文化するための大量の法律を強引に通過させるのに利用するつもりだと宣言した。安倍晋三首相は、イラクとシリアのイスラム国 (ISIS)が日本人一人を殺害し、もう一人を人質のままにして... [続きを読む]

» 安倍総理を批判して委員長に叱られた共産党国会議員 [Dendrodium]
このツイッターの写しはこれを見て共産党の恣意委員長が激怒したという、 共産党の国会議員池内さおり氏が発信されたものである。 このツイッターを見て恣意委員長は、 「今は人命最優先! 安倍総理が人質の開放を図るために必死になって努力している時に、安倍内閣を批判しちゃ駄目!」 という意味の事を言われたそうである。 もし本気で集団的自衛権行使容認に反対だったら有り得ない反応だと私には思え...... [続きを読む]

« 内藤正典氏動画『欧州のイスラム嫌悪』 自由、平等、博愛の大ウソ  安部秘密保護法体制国家の二重基準 | トップページ | 検索できないNHK記事 ジブチ基地強化と日英2プラス2 対テロ戦争に組み込まれる日本 »