フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 【緊急転載】 IWJ(Independent Web Journal)寄付のお願い | トップページ | 戦争にウソはつきものである  フランス編 »

2015年2月19日 (木)

あまりにも予定調和な「イスラム国」  「イスラム国」改め「IS」=「インチキ・サイト」

「イスラム国」によるエジプト人21人一斉斬首映像の配信を受けて、エジプト空軍によるリビア空爆が始まった。
エジプトも、「イスラム国」との戦いに参加することになった。


エジプトは、これまで再三にわたって「イスラム国」に対する軍事行動を働きかけられながら、これに参加してこなかった。


昨年9月8日、ケリー国務長官は、「イスラム国」と戦う有志連合を組織することを表明した後、中東を歴訪しており、エジプトも訪問している。
しかし、エジプトからは、国内のテロに対処するのが手一杯だとして、色よい返事はえられなかった。


安倍総理が、今年1月17日に25億ドルのバラマキ支援を表明する地にカイロを選んだのも、そうしたエジプトを「イスラム国」との戦いに招き入れる意図を持ったものと推測される。
しかし、バラマキ支援の表明だけではエジプトは「イスラム国」に対する軍事行動に参加しなかった。


そのエジプトが、21人殺害映像の配信を契機に「イスラム国」に対する軍事行動を開始した。
「イスラム国」による、21人殺害映像の配信は、米国や日本による説得や支援より、はるかに大きな効果を持ったことになる。


エジプト軍の空爆については、さらに、奇妙な符合を指摘しなければならない。
昨年9月にケリー国務長官がエジプトを訪問して対「イスラム国」の戦いに支援を求めたときの記事がネットにある。


ウォールストリートジャーナル2014年9月14日

ケリー米国務長官、「イスラム国」対策でエジプトに支援要請

原文(英語)
2014 年 9 月 14 日 13:01 JST

ケリー米国務長官、「イスラム国」対策でエジプトに支援を要請 EPA

 【カイロ】ケリー米国務長官は13日、イスラム過激派組織「イスラム国」に対抗する「有志連合」においてエジプトが重要なバートナーであると表明した。一方、米国政府はエジプトの支持を得るために同国の人権問題を看過することはないと強調した。

 これに対し、エジプトは隣国リビアの武装勢力との戦いに国際社会が取り組みを拡大するよう求めた。

  カイロを訪問中のケリー長官はシシ大統領と会談後、シュクリ外相と共同記者会見に臨んだ。ケリー長官とシシ大統領はエジプトがどのような形で有志連合に貢献するかについて議論した。ケリー長官は会談の詳細については明らかにしなかった。

 

ケリー長官はカイロ訪問中、エジプトが「イスラム世界の知的、文化的首都」だと述べ、エジプトにはイスラム国のイデオロギーを非難する上で果たすべき極めて重要な役割があるとの見方を示した。

 しかし、複数の軍関係者によると、エジプトは有志連合を支持する代わりに、米国がリビア問題の解決を優先課題とすることを確約するよう求めている。関係者は報道機関に話す権限がないため、匿名を条件に明らかにした。

 エジプトの大統領報道官が発表した声明によると、シシ大統領はケリー長官との会談の中で、エジプト人にとって明らかにリビアを指す言葉を使用した。声明によると、「(大統領は)テロに対抗する国際的な連合体は特定の組織と立ち向かったり一つのテロリストの温床を抑制したりすることだけに限定されず、中東とアフリカ全土にわたるテロリストの温床にまで対処する、包括的なものでなければならないと述べた。

 シュクリ外相も記者会見中に1度ならず、この点を指摘。外相は「われわれはテロと戦うあらゆる国際的な取り組みを支持している。リビアであろうと、アラブ世界のどこであろうとアフリカ大陸であろうと、この現象を一掃することを目的としたあらゆる手段を取るつもりだ」と明らかにした。

(AP通信)


シシ大統領は、有志連合を支持する見返りとして、リビア問題の解決を優先することの確約を求めている。
今回、リビアを拠点とする過激派組織が「イスラム国」を名乗り、「イスラム国」の公認する殺害映像を配信した。
その結果、エジプトの要求でもあるリビア攻撃が「イスラム国」空爆との名目で実現したのだ。
有志連合を支持する見返りとして、リビア問題の解決を優先する。
全くその通りの、見事な符合が実現している。


ヨルダン軍パイロットを焼殺した「イスラム国」の行動も、いかにも不審なものだった。
ヨルダンはもともと脆弱な国家体制にあり、「イスラム国」空爆には消極的な意見も有力であった。
「イスラム国」が、ヨルダン軍による空爆を避け、相手国の弱体化を狙うのであれば、パイロットの生死が不明な状態で問題を長引かせることが得策であることは明らかだった。
にもかかわらず、早々にヨルダン軍パイロットの焼殺映像を配信して、ヨルダン空軍による空爆に弾みをつけた。


リビアの地の殺害映像を「イスラム国」公認動画として配信するのは、さらに奇妙だ。
これによって、エジプトはもともとの要求であったリビア空爆を、有志国連合の空爆行動として実現することができた。


できすぎている。
そう考えるのが合理的な思考というものだろう。


国営放送は、中東諸国の空爆参加が、「イスラム国」との戦いを中東対西欧あるいはイスラム対西欧の戦いではなく、国際社会が一致して対処すべきテロとの戦いであることを示すとの解説を繰り返している。


これまで空爆に参加していた中東諸国は、
サウジアラビア(人口2800万人)
アラブ首長国連邦(人口900万人)
ヨルダン(人口650万人)
カタール(人口220万人)
バーレーン(人口130万人)
だ。


米軍との関係が深く経済大国でもある、サウジアラビアを除けば、いずれも小国である。
国営放送が言うほどに、テロとの戦いに参加する有志連合は普遍的なものではないのだ。


NATOにも加盟する親欧米国である、トルコ(人口7500万人)は、米国からの再三の圧力にもかかわらず有志連合の軍事行動に参加することを拒んでいる(内藤正典「イスラム戦争」集英社新書参照)。
エジプトは、人口8200万人を数える大国である。
中東諸国を引き入れたい米国にとっては、どうしても有志連合の軍事行動に組み入れたかった国だったに違いない。
エジプトは、21人殺害映像配信のおかげで、「イスラム国」と戦う有志連合に参加させるとの米国の意向に沿いつつ、たっての要求であった、リビア攻撃のフリーハンドを得た。



「イスラム国」の広報は、国家樹立という名目とはかけ離れている。
自らへの憎悪をかき立て、敵を増やし、有志連合を拡大・活発化させる効果を生んでいるだけだ。
その結果、拡大する戦火が、米国軍産学複合体の利益に沿ったものとなっていることは、紛れもない事実だ。


イラク、シリア、リビアといった国々は、かつてネオコン牛耳る、ブッシュ政権によって悪の枢軸(拡大版)、あるいはテロ支援国家として名指しされてきた国と驚くほど一致している。
オバマ政権の政策は、これとそっくりのものになってきている。
米国軍産学複合体が政権を牛耳るさまは、2001年以来、恐ろしいほど一貫している。


アフガン・イラク戦争は終わっていない。
形を変えて、継続している。


そもそも「イスラム国」の垂れ流すインターネット情報によって、自国の青年が過激化することを本当に脅威だと考えれば、ネットを遮断すればすむことだ。
いささか不自由にはなるだろうが、社会全体が監視される不自由に比べればはるかにましだ。
ネット戦略を駆使する「イスラム国」にとっては、大きな打撃になることも自明だ。
現にイスラム系民族紛争を内部に抱えている、ロシアや中国は、「イスラム国」のサイトを遮断している可能性が高い。
欧米諸国がネットを遮断しないのにはそれなりの理由があるからであろう。

戦争にウソはつきものである。
「イスラム国」の広報部門が特殊な役割を帯びていたとして、何の不思議があるだろう。


国営放送は、「イスラム国」を「過激派組織『IS』-イスラミック・ステイト」と呼び変えることにしたという。
イスラムに対する偏見につながらないようにとの配慮だとすれば、英語に置き換えただけの「イスラミック・ステイト」を使っていては何の意味もない。
国営放送というものは何かと不合理なことをしたがるものである。

当ブログも、国営放送に倣い、今後「イスラム国」を『IS』と呼ぶことにしたい。
『IS』=「インチキ・サイト」である。



* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

追記 2月23日
関連記事を見落としていましたので、貼り付けます。
ケリー長官とシシ大統領の取引を反映している上、フランスがイスラム国空爆に前のめりになる理由(アフリカ大陸の紛争におけるフランスの軍産学複合体の利益)も明らかにされていました。

   

IS拠点空爆のエジプト 有志連合に支援を要請
NHK2月17日 5時49分

IS拠点空爆のエジプト 有志連合に支援を要請    
       

エジプト政府は、過激派組織IS=イスラミックステートが北アフリカのリビアでエジプト人21人を殺害したことへの報復として16日、リビア国内のISの拠点に軍による空爆を行ったうえで、アメリカが主導する対ISの有志連合に対し支援を要請しました。

   

エジプト軍は16日、過激派組織ISがリビアで拘束していたキリスト教徒のエジプト人労働者21人を殺害したとする映像をインターネット上で公開したことへの報復として、リビア東部にあるISの拠点に対する空爆を行いました。
空爆はリビアの空軍と共に行われ、エジプト軍によりますと、これまでにISの訓練施設や武器庫などを破壊したということで、エジプトの国営メディアはリビア軍の司令官の話として戦闘員64人を殺害したと伝えています。
そのうえで、エジプト外務省は声明を出し、「国際社会はテロ組織に対し、速やかに行動を起こす責任がある」として、アメリカ主導の有志連合に対し、シリア、イラクだけでなくリビアでもISの掃討に乗り出すべきだとして支援を要請しました。
エジプト軍は、東部のシナイ半島でISの支部を名乗る武装組織に対する掃討作戦を続けています。
このため、西隣のリビアにISの脅威が広がることに危機感を強めており、エジプト政府は今後、リビアへの介入を国際社会に求めていくものとみられます。

              

フランスから戦闘機購入も

      

エジプトは、過激派組織ISなどのテロ組織との戦いを推し進めるために、フランスからラファール戦闘機24機や艦船などの購入契約を結び、購入額は50億ユーロ以上に上ると伝えられています。
エジプト軍は、リビアでは16日からISの拠点に対する空爆に乗り出したほか、東部のシナイ半島ではISの支部を名乗る武装組織との掃討作戦を続けており、兵器の近代化が喫緊の課題になっていました。
フランスがラファール戦闘機を輸出するのは初めてだということです。

 

« 【緊急転載】 IWJ(Independent Web Journal)寄付のお願い | トップページ | 戦争にウソはつきものである  フランス編 »

ニュース」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/61162685

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにも予定調和な「イスラム国」  「イスラム国」改め「IS」=「インチキ・サイト」:

» 安倍晋三の国会答弁聞いてると、もはやこの男の頭の中は「戦争前夜」なんだね。 [くろねこの短語]
 なんとかのひとつ覚え、って言葉があるが、昨日の国会でのレレレのシンゾーはその典 [続きを読む]

» マスメディアのプロパガンダ戦争 [Dendrodium]
マイダン(ウクライナ政府転覆)に反対する声はますます高らかに 3.02.2015, ロシアの社会団体「アンチマイダン」は、キエフの「マイダン」(独立広場での政権転覆)から1年を迎える日にモスクワで1万ものキャンペーンを行う計画だ。キャンペーンは「忘れない、許さない」と題される。マイダン広場では当時、抗議市民とシロビキ(治安維持機関)らの対立がおき、80人以上が死亡、何百人もが負傷する惨事...... [続きを読む]

» 安倍総理の言う「戦後レジーム」からの脱却とは「ポツダム宣言」からの脱却なのでは? [Dendrodium]
昨日の記事「日本はサンフランシスコ体制からの脱却を目指す時かも 」を書いていて気がついたのだけれど、 安倍総理が戦後レジームと言っているのは「ポツダム宣言」を受け入れた日本という事なのではないだろうか? 私はポツダム宣言にどのような事が書いてあるのか読んだ事がなかったのだけれど、 ポツダム宣言及びそれに先立つ大西洋憲章が打ち出したのは、一言にしていえば、脱権力政治である。のだそうで...... [続きを読む]

» イスラム国は本当に「国家」をつくってしまうかもしれない [Cloud Party Japan]
イスラム国の戦略は欧米社会がつくったようなものだ画像出典: 産経ニュース 「「イスラム国」臓器密売か 複数の背中切開された遺体見つかる イラク国連大使指摘」 [http://www.sankei.com/world/news/150220/wor1502200036-n1.html] 2月21日、東京新聞の社説は題して「その術中にはまるな」であった。これは、現在世界の脅威となっているモンスター・テロ集団「イスラム国」の「術中にはまるな」という警句である。  イスラム国は独自の経済基盤、インターネット... [続きを読む]

« 【緊急転載】 IWJ(Independent Web Journal)寄付のお願い | トップページ | 戦争にウソはつきものである  フランス編 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31