フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« TPP推進派の正体 IMF顔負け 国家危機に群がるハゲタカ弁護士集団 | トップページ | 国民の4つの義務  「服従しない権利、抵抗する権利」 池住義憲さんのメールから »

2015年7月 6日 (月)

ギリシャ民主主義の勝利  反グローバリズムの長き戦い

ギリシャの国民投票は、日本で伝えられるような伯仲したものではなく、反緊縮派の大差での勝利となった。
ギリシャ国民は、『ユーロから離脱するのか』、『デフォルト後の破局的生活』という脅しに屈さず、毅然とした民意を示した。



グローバリズムがいかに国民に不幸をもたらしているかを知らぬ、日本国民を相手とするマスコミは、ほとんどが、ギリシャ国民を馬鹿にした、「借りたカネを返さぬギリシャ国民」「選挙のたびに公務員を増やすギリシャ」など、ヘイトスピーチまがいの言説をまき散らしていた。
すべからく投資家目線である。



たとえ、投資家目線で見たとしても、IMF、EUの緊縮財政で借金を返済せよとの計画の失敗は明らかだ。
IMF等の融資が開始され、緊縮財政が採られた2009年から5年間の数字は次のとおりだ。
(世界経済ネタ帳のサイトから)



2009年 GDP 2374億3000万ユーロ
2014年 GDP 1790億8000万ユーロ  (▼24.6%)



2009年 政府債務GDP比  126,22%
2014年 政府債務GDP比  177.19% (49%増)



2009年失業率   9.62%
2014年失業率  26.49%



中日新聞が、この3日ほど、国民の立場に立った記事を提供していたので、紹介しておきたい。
7月3日には、緊縮財政下での国民生活がいかに圧迫されているかをつたえ(25才未満の失業率49.6%とというのは、あまりにも絶望的な数字だ)、
7月4日には、ユーロ圏の一体性が成功していないのはドイツを初めとする富裕国の側にあること(東京での税収を地方に回すように、富裕国が、そうではない国に仕送りする覚悟がないことに問題を求め)、
7月5日には、ヨーロッパ内の政党や個人が、ギリシャの反緊縮政策を支持していることを伝えていた。

Greece_chunichi150703



Greece_chunihi150704



Greece_chunichi150705



日本のマスコミは、不可解なほど、トマ・ピケティをもてはやしたが、この問題に関する彼の意見は伝えない。
ピケティやスティグリッツら世界的に著名な経済学者26名は「経済の健全性と人間性のための嘆願」と題する書簡を6月初旬、ガーディアン紙に公表して緊縮財政にこだわる、EUの自制を求めている。(IN THESE TIMES 6月5日

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
追記
僕らの大学時代には第3世界問題の象徴的存在だった、北沢洋子さんが、7月3日に亡くなられた。
亡くなる直前まで、正確で適切な情報を提供されていたので、失ったものは大きい。
心から哀悼の意を表したい。

« TPP推進派の正体 IMF顔負け 国家危機に群がるハゲタカ弁護士集団 | トップページ | 国民の4つの義務  「服従しない権利、抵抗する権利」 池住義憲さんのメールから »

TPP」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/61846431

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ民主主義の勝利  反グローバリズムの長き戦い:

» 安倍政権の終末到来か?与党ひいきの大新聞の世論調査で安倍政権の不支持率が支持率を上回る [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 安倍政権の終末到来か?与党ひいきの大新聞の世論調査で安倍政権の不支持率が支持率を上回る、 ◇支持率は42%、不支持率は43%  毎日新聞は4、5両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は5月の前回調査から3ポイント減の42%、不支持率は同7ポイント増の43%で、2012年12月の第2次安倍内閣発足後初めて、支持と不支持が逆転した。政府・与党が衆院通過を急ぐ安全保障関連法案については、国民への説明が「不十分だ」との回答が81%に上った。会期延長した今国会で安保法案を成立させる方針に...... [続きを読む]

» ギリシャはいかにして "エコノミック・ヒットマン"の犠牲となったか [マスコミに載らない海外記事]
Tyler Durden2015年7月2日 18:00 -0400Zero Hedge “ギリシャは‘やられた’のであり、これは疑う余地はない”と、『エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ』の著者、ジョン・パーキンズは主張し、“[膨大な債務を抱えた国々]は私がコーポレートクラシー(大企業支配)と呼ぶもの... [続きを読む]

» 今さらながらAIIB・アジアインフラ投資銀行の本質を探る 〔不破利晴〕 [Cloud Party Japan]
戦争には2つの方法がある 中国がAIIB(アジアインフラ投資銀行)を設立するといった大きな行動に出た時、この投資銀行にはイギリスをはじめとするヨーロッパ先進各国や新興国、総勢48カ国が創設メンバーの期限とされる3月31日までに参加を表明した。  同盟国のオーストラリアや韓国が参加をしているのにも関わらず、アメリカはこれに参加ぜず、もちろん対米従属を国是とする日本もアメリカに歩調を合わせるかのように参加しなかった。  麻生財務相兼副総理は、AIIBの透明性や公平性に疑義を呈していたが、そのようなことは... [続きを読む]

« TPP推進派の正体 IMF顔負け 国家危機に群がるハゲタカ弁護士集団 | トップページ | 国民の4つの義務  「服従しない権利、抵抗する権利」 池住義憲さんのメールから »