フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« ISは誰も傷つけない 但し、庶民を除いては | トップページ | 無題もしくはグローバルに解体される日本 »

2015年12月 8日 (火)

アモルフ過ぎて…

なんだか世界中がアモルフである。

欧米先進国と中東の一部政府は、よってたかってシリアを空爆して、世界中にテロを拡散しようとしている。
領域国の同意なく武力行使をするのは普通に国際法違反である。
まして、領域国の軍を空爆したとなれば、普通に戦争である。
宣戦布告もなく相手国軍を攻撃して良いようなのであるから、国連憲章云々どころの話ではない。
国際法は何世紀もさかのぼってしまった。

「これは戦争だ」とブッシュ2世の二番煎じを狙ったフランス大統領は、墓穴を掘って、治安の強化を主張する極右勢力に道を開いた。(その立ち居は、なんだか野田佳彦に似ていなくもない)
排外主義は驚くに値しないが、国民が自ら自由を差し出して治安の強化を求める図式は、人権の母国で起きているだけに人権の融解を思わせる。

グローバリズム抵抗拠点の南米では、反ネオリベ政権が次々覆りそうな気配。

この国では、訳もわからないまま、外国資本に国を差し出し、日本国民を英語で訓育しとうとする総理大臣を国民が支持し続けている。

民泊要件の6泊以上、床面積25㎡以上(ビジネスホテル15㎡~18㎡)の条件が、云われるような外国人旅行客増加による需要と、対応していないことに全く触れないメディアもおつむがイカレテいる。
(奈須りえ氏のブログ2015年12月5日

何人入れてもよい民泊施設は、普通にタコ部屋である。

なんちゃってメイド法による単純労働者受入政策と、民泊特区はセットで、フランスより、はるかに遅れて、政府は1000万人移民政策に着手している。

労働力を求めての移民政策が、失敗に終わることはわかっている。
わかり過ぎていながら、止まるつもりはない。

COP21で安倍晋三があれほど嫌われていたのだから、東京五輪は、なんちゃってオリンピックに違いない。
なんちゃってオリンピックが、この国に何をしてもよいという口実にされている。

途方もなくでかい何かが、世界をひっくり返そうとしているような気がしてならない。

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

« ISは誰も傷つけない 但し、庶民を除いては | トップページ | 無題もしくはグローバルに解体される日本 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/62830851

この記事へのトラックバック一覧です: アモルフ過ぎて…:

« ISは誰も傷つけない 但し、庶民を除いては | トップページ | 無題もしくはグローバルに解体される日本 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31