フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 開示されていない(らしい)裁定  フィリップモリス vs オーストラリア政府 | トップページ | マイナンバー  通知カードを受け取らないと住民票を消除される? »

2016年1月 7日 (木)

北朝鮮核問題 近く核実験を行うことは報じられていた‥

年明け早々のサウジアラビアなどとイランとの国交断絶に続き、昨1月6日、北朝鮮が核実験を行ったと発表した。
米覇権の後退に伴う世界の激動は、当分、続くのだろう。


北朝鮮の核実験は、マスコミがここぞとばかりに垂れ流すゴミ情報の山より、「田中宇の国際ニュース解説」の方がよほど的確だ。
(と言っても、もはや新聞は読んでいないに等しいのではあるが‥)


1月4日の「日韓和解なぜ今」は、慰安婦問題に関する「合意」が、オバマ政権の北朝鮮戦略、東アジア戦略の一環であることを裏付けている。

慰安婦問題の解決を受け、1月中にも、米国と日韓で「北朝鮮の脅威」を口実に、安保協調関係の強化が話し合われる。北朝鮮は近く核実験を再開する見通しと報じられている。

晴天の霹靂のごとく騒ぎ立てる見識のないマスコミに時間を費やすより、難解でも同サイトを熟読した方がよほど有益だ。



違った角度からは、「新ベンチャー革命」のサイト1月5日付「急浮上する北朝鮮脅威除去シナリオと唐突なサウジvsイラン対立誘発シナリオはリンクしている可能性あり:両者とも米国戦争屋CIAネオコンが画策していると疑われる」がある。
これも、核実験前の記事である。


いずれにしろ、今起きている世界の事態が、大国内の諸勢力が描く、いくつかの思惑やシナリオの重なり合いや葛藤の中で、起きていることだと筋道付けるだけでも、はるかに見通しが良くなる。
核心部分を切除してひたすら周辺部分を騒ぎ立てるマスコミよりはるかに貴重な存在である。



* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


「現代思想」2016年1月臨時増刊号「パリ襲撃事件」で、
フランスのCIAに当たるDGSE(対外治安総局)の公開文書に「フランスで同時多発テロが起こるかどうかは、もはや問題ではない、それは近いうちに必ず起こるのであり、問題はそれが『いつか』ということだ」としていたのを確認した。

同誌にある、フランス政治界、思想界の劣化が新自由主義の席巻に由来するとの分析にも同感。
自由貿易(欲望の極限解放)こそが諸国民に富をもたらすとする新自由主義の教理はあまりに単純で強力なので、政治も思想も根こそぎ劣化させられることは必定である。
グローバルな新自由主義は、カルトとも相性がよいということだ。

« 開示されていない(らしい)裁定  フィリップモリス vs オーストラリア政府 | トップページ | マイナンバー  通知カードを受け取らないと住民票を消除される? »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/63019414

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮核問題 近く核実験を行うことは報じられていた‥:

» オバマ大統領が慰安婦問題の解決を日韓政府に求めたわけ [Dendrodium]
田中宇さんは「日韓和解なぜ今?」で、 日韓の慰安婦問題の解決を急いだのは、 オバマ大統領が日韓を和解させる事によって、 日韓の駐留米軍を撤退させるのが目的であったと主張しておられ、 慰安婦問題の解決は、もっと奥深い日韓の対米従属からの脱皮や、東アジア新秩序の構築への作業の再開であると感じられる、と言っておられる。 全文を読むとそうかも知れないという気がして来る。 一方米国が日...... [続きを読む]

« 開示されていない(らしい)裁定  フィリップモリス vs オーストラリア政府 | トップページ | マイナンバー  通知カードを受け取らないと住民票を消除される? »