フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の2件の記事

2016年2月26日 (金)

CNNが伝えるTPPの恐怖  “The real Danger in TPP”

CNNの2月19日付のサイトに「The real Danger in TPP」と題するニュースが掲載されている。

いうまでもなく、ISD条項は、現代の『自由貿易協定』の中核的規定で、グローバル企業本位の国家に改造するための極めて重要な道具だ。
これを取り除くという主張を、筆者個人の主張であるとは言え、米国の主流中の主流メディアであるCNNが掲載したことは、画期的なことではないかと思う。

オバマ大統領が米国縦断パイプラインの建設許可を斥けたことに対して、1月6日に150億ドルという巨額を求めて、カナダ企業が提訴したという事件は、CNNまで揺るがす大事件であるのに、日本のマスコミは全く報じていない(と思う)。
わずかに孫崎享氏のブログが伝えるのみに等しい。
たかだか一企業の利益のために、2兆円近い税金が奪われるのは当然で、今さら驚くには値しないといわんばかりだ。

日刊ゲンダイが「米大統領選 トランプ躍進でTPPは風前の灯」と題する記事を2月25日に掲載しているが、マスコミより、夕刊紙の方が的確な情報を提供するというメディア状況はあまりにも異様だ。
「トランプ」の画像検索結果

とりあえず、各位の時間の節約のため翻訳を試みてみた。
訳の正確性は保障しない(^^ゞ
なお、文中にあるローレンス・H・トライブは、米国で最も著名な憲法学者でオバマの指導教官でもあったとされている。

ISDすら取り除けという主張が、ついに米国主流メディアに登場したのだから、TPPに合わせて国内法改正の検討などしているときではないのは、あまりにも明らかではないか。

======================================

There has been plenty of criticism leveled at the Trans-Pacific Partnership (TPP) -- the trade pact signed earlier this month by the United States and 11 other nations.

今月初旬に米国と11カ国が署名したTPPに対して多くの批判が向けられてきた。

 

Over the past year, we have been warning, for example, of the threat the deal poses to sustainable development and the environment. Unfortunately, recent developments have done nothing to dispel these fears. Indeed, there is growing evidence that a mechanism in the deal represents a major grant of power to corporations, one greatly disproportionate to the rights of all other domestic actors including local governments, tribal governments, environmental organizations, citizens, and companies.

 

 昨年来、私たちは、たとえば持続可能な開発や環境を阻害する恐れがあることを警告してきた。不幸にも最近の展開はこれらの恐れを何ら振り払うものではなかった。むしろ、取引のメカニズムが企業の権力を大いに強め、地方自治体、部族政府、環境組織、市民、共同体を含む他の国内の主体の権利を著しく損なうことがますます明らかになっている。

That mechanism, investor-state dispute settlement (ISDS), gives multinational companies outlandish sway over regulatory policies, including environmental protection. The Obama administration told us not to fear, but the use of ISDS in an existing deal, NAFTA, underscores the seriousness of the threat as one of the President's most important environmental decisions is now at risk.

そのメカニズム、つまり投資家対国家紛争解決制度(ISDS)は、多国籍企業が、環境保護を含む政府の規制を支配する異様なものだ。オバマ政府は恐れることはないと語ったが、現に存在するNAFTAのISDSが、大統領の最も重要な環境政策の決定を危機に陥れるなど、脅威の深刻さを際立たせている。

On November 6, 2015, President Barack Obama took the landmark decision to deny TransCanada's application for a permit to construct the Keystone pipeline, which would transmit heavy crude oil from Canada through the United States and on to the world market. The President's decision was based on the conclusion that the pipeline did not serve the country's national interest and would undercut the fight against climate change. It was a major victory for those fighting to keep dirty fossil fuels in the ground and to promote a shift to a low-carbon economy.

2015年11月6日、オバマ大統領は、トランスカナダ社の「キーストーン・パイプライン」(カナダから合衆国を縦断して世界市場に重油を運ぶ)の建設許可申請を斥ける画期的な決定をした。大統領の決定は、パイプラインは国益をもたらさず、気候変動に対する戦いを弱めるという結論によるものだ。それは汚染された地中の化石燃料の確保に対する戦いと、低炭素経済への転換をもたらす偉大な勝利だった。

 

 

Yet just two months later, ISDS has come back to haunt the President's landmark decision. On January 6, TransCanada initiated a case against the U.S. government under the ISDS mechanism in NAFTA's Chapter 11, challenging the President's decision and seeking $15 billion in lost future profits and other alleged damages from the cancellation of the project. The case might sound ludicrous, but ISDS cases challenging similar determinations on environmental or other policy grounds have won, so some observers are giving this one decent odds of succeeding, too. And one ofTransCanada's lawyers who believes in the merits of the case is a frequent ISDS arbitrator, so he would presumably know.

しかし、ちょうど2ヶ月後、ISDSが大統領の画期的な決定を見舞った。1月6日、トランスカナダ社は、大統領の決定に対して、計画の取消により、将来利益とその他の損害を主張して150億ドルの支払を求めてNAFTA11章のISDSメカニズムにより、米国政府を提訴した。この事件は、ばかげて聞こえるかも知れない。しかし、環境もしくはその他の政策基盤の主要な決定に挑戦するISDS事件は、勝訴してきており、幾人かの観察者は、この事件もトランスカナダ社が勝訴する相当な確率があるとしている。そしてこの事件の利点を信じるトランスカナダ社の弁護士は、頻繁にISDSの仲裁人を務めているため、多分、わかっているのだろう。

 

We are certainly not alone in sounding the alarm bell over ISDS. Sens. Elizabeth Warrenand Bernie Sanders, Professors Joseph Stiglitz, Laurence H. Tribe, and Judith Resnik, representatives of state and local governments such as the National Conference of State Legislators, and environmental organizations such as the Sierra Club, are just a few of the individuals and groups that have expressed alarm about the possibility that the TPP would expand the reach of this deeply flawed, and indeed dangerous, mechanism.

ISDSに警鐘を鳴らすのは、我々だけではない。エリザベス・ウォーレンとバーニー・サンダース、そしてジョセフ・スティグリッツ、ローレンス・H・トライブ、ジュディス・レズニックといった教授、さらに、全米州立法者協議会といった州や地方政府の代表、シェラ・クラブのような環境団体は、TPPがこの深刻な欠陥を拡大し、本当に危険なメカニズムとなる可能性を有することを警告する個人やグループのほんの一部である。

 

While ISDS is already included in NAFTA and many other U.S. treaties, the TPP and the companion treaty with Europe, the Trans-Atlantic Trade and Investment Partnership (TTIP) would result in its remarkable expansion.

ISDSがすでにNAFTAと他の多くの米国の協定に含まれているとしても、TPPとヨーロッパとの提携協定、環大西洋貿易投資連携協定(TTIP)は、注目すべき展開をもたらすかもしれない。

 

How? Right now, about 10% of foreign investors in the United States have access to ISDS to challenge U.S. policy decisions; but this percentage stands to grow dramatically in the near future if the TPP and TTIP are ratified. Thankfully, there's still time to change course and to reject the massive expansion of corporate power that the ratification of these treaties would allow.

どのように?現在、合衆国の政策に挑戦するためにISDSメカニズムを使用する権利は、合衆国の約10%の外国投資家が持つが、この割合は、もしTPPとTTIPが批准されれば、近い将来劇的に増大する。幸いにも、これらの協定の批准による企業権力の巨大な拡大を拒否し、進路を変更する時間は残されている。

For example, courts in the United States have affirmed that domestic citizens and organizations do not have rights to contest presidential decisions to approve cross-border pipelines. The ability to challenge the President's decision, U.S. courts have concluded, depends on authorization from Congress, and -- in order to protect separation of powers and shield the government from excessive litigation and liability -- Congress has not given permission for domestic actors to challenge presidential decisions regarding approvals of pipelines on environmental or other grounds. Thus, a presidential decision to approve a cross-border pipeline is, effectively, final.

たとえば、合衆国の裁判所は、国内の市民や組織が国境を越えるパイプラインを承認する大統領の決定を争う権利はないとしている。合衆国裁判所は、大統領の決定に挑戦する能力は、議会による授権に依存し--権力分立の保護に従い、過度の訴訟と責任から政府を保護するために--議会は国内の主体に環境やその他の理由によるパイプラインの承認に関する大統領の決定に挑戦することを許していない、と結論している。したがって、国境を越えるパイプラインを承認する大統領の決定は、最終的に有効である。

In contrast, because of investment protections and ISDS in treaties such as the NAFTA, the fact that Congress has not authorized private actors to sue the President in domestic courts for permitting decisions is irrelevant. Those foreign investors can sue the United States in international arbitration, and the arbitrators who decide the investors' cases are not bound by any domestic U.S. law.

これに対し、NAFTAのような協定に含まれる投資保護とISDSは、議会が国内裁判所に民間人が許可決定は不適切であるとして提訴する権限を与えなかった事実があるにも関わらず、これらの外国投資家には国際仲裁に合衆国を提訴することを可能にし、裁定する仲裁人はいかなる合衆国の国内法にも拘束されない。

The arbitrators have the authority to review the President's decision, give their own opinion on what the appropriate course of conduct should have been, and order the U. S. government to compensate the investor if they believe a different decision should have been made or if they disagree with the policy rationale for the decision.

 

仲裁人は、大統領の決定を評価する権限を持ち、もし、彼らが異なった決定がなされるべきだと信じ、または決定の政策の合理性に同意しない場合、どのような方向が適切であったかについて彼ら自身の見解を示し、合衆国政府に対して補償を命じることができる。

ISDS therefore leads to two separate tracks of rights and remedies. Domestic citizens must play by the rules established by Congress, which give us the important right to challenge government action, but also set democratically determined limits on our ability to bring claims, balancing the need for policy space of the government with the rights of domestic constituents. But with ISDS, foreign companies don't have to follow those rules. When government action -- even action taken for a legitimate and important public purpose -- hurts foreign companies' economic interests, those companies can sue the government for their lost profits. This distorts the rules of the legal system and makes the economic interests of some foreign corporations much more powerful than the interests of domestic constituents.

したがって、ISDSは権利と補償に関して、分離された二つの路線を敷く。国内の市民には、議会によって確立されたルールに従うことを求める。議会のルールは、ある場合には、政府の措置に挑戦する重要な権利を与え、また別の場合には提訴する能力を民主的に制限して、議会の政策裁量の必要と国内の構成員の権利を調整する。しかし、ISDSでは、外国企業はこうしたルールに従う必要はない。政府の措置が--正当で重要な政策目的によって採られた措置であっても--外国企業の経済的利益を害する場合は、これらの企業は逸失利益を求めて政府を提訴することができる。これは法的システムのルールをゆがめ、外国企業の経済的利益を国内構成員の利益より遙かに強力なものとする。

That ISDS would be expanded so significantly by the TPP and TTIP should cause great concern for citizens who care about America's policies on climate change, environmental protection, food and drug safety, national security, public health, and responses to economic crises. Foreign-owned companies have challenged all of these types of measures and more under ISDS, turning to arbitrators to secure more favorable rights and remedies than they would be entitled to under domestic law.

TPPとTTIPによってISDSは、極めて重大な拡大をされ、気候変動、環境保護、食糧や薬品の安全性、国家安全保障、公衆衛生そして、経済危機に対する対応に関心を持つ市民に対して重大な懸念を引き起こすに違いない。外国企業は、これら全ての種類の措置に挑戦し、多くのISDSにおいて、国内法の下で保障されるより、より多くの好ましい権利と補償がなされるよう仲裁人を仕向けてきた。

This threat to the law and to democratic processes has no place in a 21st century trade agreement and should be removed before these agreements can be seriously considered.

法と民主過程に対するこの脅威は、これらの協定が真剣に考慮される前に、21世紀の貿易協定から取り除き、なきものとしなければならない。

 

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2016年2月11日 (木)

クローズアップ現代   極めつけ有能な看板キャスターを手放すNHKの愚

1月初めの初報は確か国谷裕子氏の降板の意向と伝えられた記憶だが、その後の情報からすれば、国谷氏の降板は、NHK上層部ないしそれ以上の意向に間違いない。


現在のテレビ界で国谷氏を超える総合力のあるキャスターはいない。


集団的自衛権行使容認の閣議決定直後の管官房長官に対するインタビューだけがクローズアップされがちだが、
ミツバチ大量死を疑われるネオニコチノイド問題(EUが2013年12月から2年間の使用制限をかけるとのニュース)を採り上げ、
健康食品の機能性表示の自由化を採り上げている。
降板が決まった後になるが、先日は、子宮頸ガンワクチン問題を採り上げた。
これらの回は、バランスよく取材報道されており、非の打ちようがない内容だった。


こうした問題はマスコミが採り上げることがない問題ばかりだ。
巨大な影響を及ぼすテレビが採り上げたのは、子宮頸ガンワクチン問題を除けば、ほぼ見たことがない。


ネオニコチノイド問題の背景には、TPPの中核的な推進企業であるモンサントと提携する住友化学が控えている。
健康食品の機能性表示の自由化は、TPP問題そのものである。
子宮頸ガンワクチンの背後には、これまたTPPの有力な推進企業であるグラクソ・スミスクライン(米法人)が控えている。


これらのテーマを採り上げること自体に、少なくとも、強力な自粛圧力がかかっていたことは間違いないだろう。
だから、採り上げ方は、見ている方にはやや不満を残すほどに、多様な意見を紹介しながら、視聴者に問題を投げかけるものだった。
極めて幅広い問題を採り上げながら、30分弱の生放送にインタビューを含めて、収める手腕もすばらしかった。


3月限りとされる番組を今は時間が合うときは、名残り惜しく見ている。


ガンとの向き合い方を採り上げた2月9日放送の終わり際、ゲストで呼ばれた樹木希林さんは、出演依頼を受けて喜んでお受けした、国谷さんにお会いしたいから、と話し始め「国谷さんは本当にすてきな仕事ぶりだなと思って」「そしてNHKは大変な財産を」と、ここで一呼吸入れ「お持ちだなって」と。


ツイッターに終わり際の29秒の動画が上がっている。

「ありがとうごうざいます」と答える国谷氏の声が感に堪えた声に感じるのは僕だけだろうか。
樹木希林さんも国谷氏の続投を求めて、覚悟を決めて語ったに違いない。


世が世なら、NHKが手放せば、引く手あまたのはずだが、この4年ほどで歪みきったマスコミではそうではない。
有能な人材を排除していく日本にとって、粛清の進む他国の出来事は他人事ではない。
せめて国谷氏の4月以降の続投を改めて強く望まないわけにはいかない。
たとえ一年であっても踏ん張ることが重要だから。

* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

以下、WEB RONZAから貼り付け

国谷キャスター降板で番組コントロール狙う(上)

NHK上層部によるクロ現の「顔」交代に、現場からは「背景にあるのは忖度」の声

川本裕司

 

NHK「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスター=2004年6月、東京・渋谷拡大NHK「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスター=2004年6月、東京・渋谷
 23年間にわたりNHKの看板報道番組「クローズアップ現代」のキャスターを務めてきた国谷裕子さん(58)が3月17日を最後に降板する。続投を強く 希望した番組担当者の意向が認められず上層部が降板を決断した背景には、クロ現をコントロールしたいNHK経営層の固い意思がうかがえる。

  クロ現は4月から「クローズアップ現代+」と番組名を一部変え、放送時刻も午後10時からと深くなる。

  NHK関係者によると、黄木紀之編成局長がクロ現を担当する大型企画開発センターの角英夫センター長、2人のクロ現編集責任者と昨年12月20日すぎに 会った際、国谷さんの3月降板を通告した。「時間帯を変え内容も一新してもらいたいので、キャスターを変えたい」という説明だった。

  センター側は「国谷さんは欠かせない。放送時間が変われば視聴者を失う恐れがあり、女性や知識層の支持が厚い国谷さんを維持したまま、番組枠を移動させる べきだ」と反論した。しかし、黄木編成局長は押し切った。過去に議論されたことがなかった国谷さんの交代が、あっけなく決まった。

  国谷さんには角センター長から12月26日、「キャスター継続の提案がみとめられず、3月までの1年契約を更新できなくなった」と伝えられた。

  国谷さんの降板にNHKが動きを見せたのは、10月下旬にあった複数の役員らが参加したを放送総局幹部による2016年度編成の会議だった。

  編成局の原案では、月~木曜の午後7時30分からのクロ現を、午後10時からに移すとともに週4回を週3回に縮小することになっていた。しかし、記者が出 演する貴重な機会でもあるクロ現の回数減に報道局が抵抗し、週4回を維持したまま放送時間を遅らせることが固まった。

  報道番組キャスターや娯楽番組司会者については、放送総局長の板野裕爾専務理事が委員長、黄木編成局長が座長をそれぞれつとめ部局長が委員となっている キャスター委員会が決めることになっている。番組担当者からの希望は11月下旬に示され、クロ現の場合は「国谷キャスター続投」だった。現場の意向を知っ たうえでの降板決定は、NHK上層部の決断であることを物語っている。

  現場に対しても「番組の一新」という抽象的な説明しかなかった降板の理由について、あるNHK関係者は「経営陣は番組をグリップし、クロ現をコントロールしやしくするため、番組の顔である国谷さんを交代させたのだろう」と指摘する。

  その伏線となったのは、2014年7月3日、集団的自衛権の行使容認をテーマにしたクロ現に菅義偉官房長官に出演したときの出来事だった。菅長官の発言に対し「しかし」と食い下がったり、番組最後の菅長官の言葉が尻切れトンボに終わったりしたためか、菅長官周辺が ・・・続きを読む


国谷キャスター降板で番組コントロール狙う(下)

「出家詐欺」のやらせ疑惑が活用された形跡、後任は複数制のNHK女性アナが有力

川本裕司

 

「クローズアップ現代」に出演した野田佳彦首相(当時)。手前は国谷裕子キャスター=2012年4月4日、東京・渋谷、読売新聞社代表撮影拡大「クローズアップ現代」に出演した野田佳彦首相(当時)。手前は国谷裕子キャスター=2012年4月4日、東京・渋谷、読売新聞社代表撮影
 NHKのあるプロデューサーは「国谷裕子さんあってのクローズアップ現代なのに」と、今回の降板を素直に受け止められていない。インターネット上でも国谷さん降板を惜しむ声が、圧倒的に多い。

 こうした局内外の意見とは別の論理で国谷さん降板に利用されたのが、クロ現で2014年5月に放送された「追跡“出家詐欺”」のやらせ疑惑だっ た。15年11月6日に意見書を公表した放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会がフジテレビ「ほこ×たて」以来2件目という「重大な倫理 違反」を認定した。

 15年3月に、出家詐欺のブローカーとされた男性が週刊誌で「記者にブローカーの演技をするよう頼まれた」と述べ、疑惑が明るみに出た。NHKは 4月にまとめた調査報告書で「過剰な演出と実際の取材とかけ離れた編集に問題があった」としたものの、事実の捏造につながる「やらせ」はなかった、と結論 づけた。BPOの委員会は「事実とは著しく乖離した情報を数多く伝えて正確性に欠けており、スタッフ間の対話の欠如でチェック機能が働かなかった」と厳し く指摘した。

  ただ、同じ内容の番組が、クロ現で放送される1カ月前に関西ローカルの「かんさい熱視線」で取り上げられていた。ところが、NHKの委員会名称は「『クローズアップ現代』報道に関する調査委員会」と、「かんさい熱視線」は対象としないかのように決められていた。

  全聾の作曲家ではなかったことが発覚した問題で、NHKが14年3月に発表したのは「佐村河内氏関連番組・調査報告書」だった。最初に取り上げた番組は 12年11月の「情報LIVE ただイマ!」、最も反響が大きかったのは13年3月の「NHKスペシャル」だった。また、93年にNHKが唯一やらせを認 めた事例であるNHKスペシャル「奥ヒマラヤ 禁断の王国・ムスタン」では「『ムスタン取材』緊急調査委員会」となっていた。こうした例にならうなら、 「クローズアップ現代」ではなく「出家詐欺問題」の調査委員会になるのが妥当といえた。

 調査委員会の名称について、昨年11月18日の定例会見で板野裕爾放送総局長は「とくに意図があるわけではない」と述べたが、クロ現を標的にした 狙いを感じた向きがあったのは確かだ。あるNHK関係者は「委員会の名前については上層部の指示があった、と聞いている」と話している。

  テレビ離れにより総世帯視聴率が落ち込むなか、NHKも視聴率ダウンに直面している。4月からの新年度編成では視聴率の向上が大きな狙いだ。

  その対策として考案されたのが、高齢者を中心に一定の視聴率をあげる午後7時からの「ニュース7」が終わる7時30分からの番組として、クロ現に代わり娯楽番組を並べ視聴者を逃さない作戦に出る。新年度の放送番組時刻表案によると、月曜以降 ・・・続きを読む
(残り:約525文字/本文:約1727文字)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30