フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

« 熊本大地震の今 | トップページ | 『日本会議の研究』ようやく入手可能に »

2016年5月19日 (木)

米兵の健康を国民の生命・健康より優先する小泉とマスゴミ

 

 
小泉は、福島県の甲状腺がんの多発に涙を流したか。
朝日新聞は、福島県の甲状腺がんを原発事故の結果として報じているか。
美味しんぼの鼻血バッシングのとき、小泉は作者の雁屋哲氏を擁護したか。
朝日は、雁屋氏を擁護したか。
米兵のためには涙を流し、涙を報じるマスゴミは、日本国民のために涙を流し、向き合うことを求めたか。
(ざくっと検索したところ、朝日に限らず、ほぼ全紙が横並びで報道しているようだ。
福島県民の健康被害の可能性を肯定的に伝えたのが知る限り、かつての報道ステーションしかなかったことと比べると米兵の健康被害については、日本のマスコミは全社がことのほか敏感なようである。馬鹿かと思う。

 
この訴訟の請求内容については、「税金と保険の情報サイト」に“賠償50兆円?『トモダチ作戦』米兵8人が東電に賠償請求”としてかなり正確な記事が載っていた。
 

健康被害に対する賠償が一人当たり1000万ドル、懲罰的慰謝料が全体で3000万ドル、原告らの将来的な医療費をカバーするための1億ドルの基金の設立を求めている。 原告9名で、合計2億2000万ドルが請求額ということのようである。
 

この記事は、この種の訴訟がトモダチ作戦に参加した米兵2万400人に波及する可能性を指摘し、この訴訟リスクを最大50兆円と見積もっている。

アメリカには、ビジネスチャンスとあれば、見境いなく飛びつくハイエナ弁護士が跋扈しているし、賠償額、賠償方法はアメリカでは陪審員が決めると思われるから、このリスクは杞憂には止まらないだろう。
 
 

東電に投入される日本国民の血税は、ハイエナ弁護士たちに巻き上げられていく。 彼らがハイエナでなければ、被爆リスクを承知の上で、作戦を展開したアメリカ政府こそ被告に加えられてしかるべきだろう。
 
米国には現在、131万人の弁護士が蠢いている。
日本の弁護士は3万6000人あまり。
人口比でざっくり13倍くらいの弁護士が米国にはいる。
弁護士のハイエナ化は進行し、ハイエナ化した弁護士を支え、夢を与えるシステムも構築されている。
この種の集団訴訟かつ民事陪審もその一つである。


米国では、おおむね3分の1が弁護士の成功報酬とされているようであるから、50兆円といわずとも、仮に6兆円としても弁護士報酬は2兆円(消費税1%分)に達する。
弁護士の目の色も変わろうというものである。
こうして東電に注入された国民の血税は、米国の弁護士の懐を潤す仕組みになっている。


トランスカナダ社が米国政府を訴えたXLパイプラインISDの提訴額は150億ドルであるから、仮にこれが認められ、米国政府に賠償が命じられれば、カナダの弁護士は50億ドルの報酬を手に入れることができる。
これは日本の全弁護士の年間売り上げに近い金額である。
(日本の弁護士の市場は、欧米よりはるかに抑制的である。マチベンは、たぶん、それは、社会的には悪いことではないと思う)
税金が国境を越えて行き来し、グローバルな弁護士の懐を潤す仕組みがISDというわけだ。

 
タックスヘイブンは、グローバルな企業の税逃れのシステムだが、ISDはグローバル企業とこれに結託した弁護士に対して国境を越えた税の再配分を実施する仕組みである。
 
* ランキングに参加しています *
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ちなみに当ブログ2012年12月29日付も参照
財界へのアドバイス -- 東電に対する被曝米兵の損害賠償訴訟をめぐって
なお、一部報道では、一人当たり1億円の賠償を求めているとあるが、桁を間違えていると思われる。一人当たり1000万ドルであるから10億円である。そして、これは被爆自体を被害とする健康被害の有無を問わない請求額である。
国政選挙間近のこの時期に、国内被害者に手をさしのべることなく、訪米して米兵訴訟の支援を表明するパフォーマンスを演じる、小泉の行動はいかにも怪しい。

« 熊本大地震の今 | トップページ | 『日本会議の研究』ようやく入手可能に »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536116/63653037

この記事へのトラックバック一覧です: 米兵の健康を国民の生命・健康より優先する小泉とマスゴミ:

» 安倍晋三の参院選対策は巧妙だ、消費増税の再延長を度々話題に取り上げ・国民の生活に配慮と宣伝 [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 安倍晋三の参院選対策は巧妙だ、消費増税の再延長を度々話題に取り上げ・国民の生活に配慮と宣伝、 ◇16年1~3月期GDP速報値 個人消費の回復鈍く  安倍晋三首相は18日発表の2016年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値で個人消費の回復が鈍かったとして、来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げを再延期する検討に入った。予定通り増税した場合、デフレからの脱却が困難になると判断している。これに伴い、衆院を解散し、夏の参院選と同時に衆院選も行う衆参同日選を視野に入れる。政権の...... [続きを読む]

» 福島沖の米空母レーガン乗組員が、福島原発周辺住民よりも思い被爆をした理由 [dendrodium]
昨夜テレビで一瞬(すぐに夫がチャンネルを変えたから)小泉元首相が涙を流している映像を見かけた。小泉元首相がどうしてあんなに、大げさな泣き顔を報道されているのだろうと、 ... [続きを読む]

« 熊本大地震の今 | トップページ | 『日本会議の研究』ようやく入手可能に »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31