フォト

日本ブログ村

ブログランキング

  • マスコミに載らない海外記事
    本ブログとセットで読むと、世界のニュースと法律解説がセットでわかります。(;^_^A アセアセ…

  • * ランキングに参加しています *
    応援クリックしてもらえるととっても励みになります
    人気ブログランキングへ

カテゴリー「心と体」の3件の記事

2010年12月31日 (金)

皆さまお大事に

ブログの更新をさぼっていた内に、いよいよ、大晦日である。

何か、年末近くになった11月頃から、相次いで、病気が見つかったとか、発病したという話を聞くことが重なった。

それぞれ身近な人であるから、心配である。

とくに若い人や若い人の身近な人の病気の話は、なんだか切ない。

みな、大事に至らず、来年には健やかさを取り戻されることを心から祈りながら年を越させていただきます。

* ランキングに参加しています *
応援クリックしてもらえるととっても励みになります

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2010年11月27日 (土)

再びタバコの話 統計の不思議

肺ガン WIKIPEDIA

欧米では80%の肺癌が喫煙に由来すると見積もられており、紙巻タバコの煙には、ベンゼンなど百以上もの発癌性物質が含まれている。1日の喫煙量が多いほど、また喫煙期間が長いほど肺癌に罹患する可能性は増大する。喫煙を停止すれば、の損傷は修復されて着実に発癌の可能性は減少する。ただし、先進国中男性の、喫煙率がもっとも高い日本においては、喫煙に由来する肺癌は男性で約68%、女性で約18%と推計されている。

「喫煙 害」のホームページから

肺ガンを挙げると、1900年代初頭にはまれな疾患でしたが現在では主に喫煙により、男女ともにガンによる死亡者の上位を占めています。
タバコの煙には放射性粒子など、発ガン性物質が数多く含まれており、これらが肺ガンを生じさせる細胞変化を引き起こし促進させます。

肺ガンは、診断時点でかなり進行していることが多いガンです。

肺ガン患者の大部分は最初の診断から1年以内に死亡し、全体の生存率は10~15%にすぎません。
肺ガン患者の約85%は喫煙が原因であり、非喫煙者に比べると羅患率は10~30倍にもなります。また肺ガンの合併症として、肺炎が一般的です。

Kituenritu

            社会実情データ図録2210

Gansisya

                 社会実情データ図録2158

1980年代以来、喫煙者は激減傾向にあります。

1980年代以来、肺ガンによる死者は激増傾向にあります。

僕は、別に、喫煙が肺ガンを予防するという無理な結論を出すつもりはありません。

ただ、肺ガンの死者の68%あるいは85%が喫煙が原因ならば、喫煙者が猛烈に減っていけば、当然肺ガンの死者が減っていくものと考えていました。

ところが肺ガンは、喫煙者が減るのに反比例して猛烈に増えています。

喫煙以上に重大な要因があるという仮説を提案すべき統計にも見えますが、他要因仮説は、肺ガンによる死者の68%から85%が喫煙が原因とする前提と矛盾してきます。

不思議だなと思うのです。

どうしてなんでしょう。

だれか合理的な説明をお願いしたいところです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2010年11月 9日 (火)

タバコのみの話

10月1日にタバコが値上がりした。

僕の吸っているタバコは1箱300円から410円に値上がりした。
買いだめすることなく、淡々と吸っている。
これほど迫害されても吸い続けていると、自分でも自分が意思が弱いのか、意思が強いのかわからなくなる。

タバコを吸うことでガンの発生率が高まり、治療費が余分にかかるという。
だから、タバコは、健康保険悪化の元凶だと言われる。
ちょっと待て。タバコを吸わずに長生きして、亡くなる人は、治療費を使わずに死ぬのか?
まさか死ぬまで治療費を一切使わぬという訳ではあるまい。
こういう子供だましの話はやめてもらいたい。

タバコのみは相対的にガンになる確率が高く、相対的に寿命が短い。
したがって、年金受給期間も短くなるし、病院にかかる期間も短くなる。
国家財政にとって、これほどありがたい国民はいない筈だ。
禁煙外来などは、むしろ医療費を無駄に増大させて健康保険財政を悪化させる。即刻、やめにするのがよろしい。

タバコのみほど、高い税金を従順に支払ってくれる国民も少ない。
国家は、感謝すべきだ。
にも関わらず、国家も国民も上げてタバコのみを迫害する。
理屈があるならともかく理屈などないのである。

得てして、真の愛国者は国民から迫害された。
タバコのみもそうである。
高い税金を払いながら、命を国に捧げることを覚悟した愛国者なのである。
私は、これからも愛国のためにタバコを吸い続けよう。

実は、異物を排除しようとする不寛容な社会の象徴としてタバコを取り上げようとしたのだが、タバコが切れてしまった。タバコが切れるとともに、何を書こうとしていたか、忘れた。
また、思い出したら、書く。

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30